青梅の迎賓館 津雲邸と日向和田臨川庭園

裂石温泉「雲峰荘」からの帰途、青梅の津雲邸とその別邸庭園であった日向和田(ひなたわだ)臨川庭園を訪れました(令和元年5月中旬、東京都青梅市)。 (写真は、津雲邸2階「大広間」にある鳳凰の透かし彫り) 奥多摩方面(R411)から入りましたので、まず日向和田臨川庭園へ(入園無料、月休)。 青梅選出の元衆院議員・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風林火山の旗 裂石温泉「雲峰荘」

山梨県内での本業を終え、秘湯の宿で一泊しました。 本日の宿は、大菩薩峠の麓にある裂石(さけいし)温泉「雲峰荘」です(令和元年5月中旬、山梨県甲州市、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は「雲峰荘」の露天風呂) 宿に入る前に、すぐ近くの名刹・裂石山 雲峰寺へ立ち寄ります(境内自由、宝物殿300円、月休)。 何やら宿と名称が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋沢栄一ゆかりの誠之堂・清風亭

鹿沢温泉からの帰途、ふと思い立って、深谷市の誠之堂・清風亭(せいしどう・せいふうてい)に立ち寄りました。 新一万円札の肖像となった渋沢栄一ゆかりのスポットです(平成31年4月下旬、埼玉県深谷市)。 (写真は、清風亭のベランダのアーチ。奥に見える建物が誠之堂。) 誠之堂・清風亭は、もともと東京都世田谷区瀬田にあった旧第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪山讃歌の宿 鹿沢温泉「紅葉館」

「雪よ、岩よ、」の歌詞で始まる雪山讃歌。 その発祥の宿 鹿沢温泉「紅葉館」へ、10連休初日に宿泊しました(平成31年4月下旬、群馬県嬬恋村)。 (写真は、「紅葉館」の男性浴場。ススキと月桂樹を手にした童子のレリーフが印象的です。) 鹿沢温泉の最寄りICは、上信越道の小諸IC。  心配していた渋滞もなく、小諸の街でまず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ③重森三玲庭園美術館

市バス206系統を京大正門前バス停で下車。 徒歩約5分で、重森三玲庭園美術館に到着です(平成31年4月下旬、京都市)。 (写真は、書院から眺めた庭園。手前の大きな平石は遙拝石です。) ここは、昭和を代表する作庭家・重森三玲の旧宅(完全予約制、見学料900円)。 吉田神社の社家・鈴鹿家の所有であったものを三玲が譲り受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ②青蓮院の霧島ツツジ

市バス「京都岡崎ループ」を青蓮院前バス停で下車。 青蓮院は目の前です(平成31年4月下旬、京都市)。 青蓮院は霧島ツツジの名所(拝観料500円)。 天授庵では咲き始めでしたので、あまり期待していなかったのですが…… 「相阿弥の庭」の霧島ツツジは見頃を迎えていました(*^_^*) 華頂殿(客殿)の座敷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ①南禅寺天授庵

新緑の京都を訪れました。 昼前には本業が終了したので、夕刻まで岡崎界隈の庭園を巡ります(平成31年4月下旬、京都市)。 地下鉄東西線・蹴上駅で下車し、琵琶湖疎水のトンネルをくぐると、明らかに空気が変わります。 ここはもう南禅寺の境内。 塔頭の天授庵を訪れました(拝観料400円)。 拝観受付を済ませると、書院(※非公開)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ⑤鳥羽城跡と常安寺

志摩二泊旅行最終日(三日目)の続きです(平成31年3月下旬、三重県鳥羽市)。 答志島での滞在時間は約1時間15分。 帰路は急ぎ足となり、和具港を正午過ぎに出る鳥羽行き市営定期船に何とか間に合いました。 帰路は、佐田浜港の一つ先・中之郷港(伊勢湾フェリー乗り場と鳥羽水族館の近く)で下船。 国道と近鉄鳥羽線の線路を渡って5分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ④答志島の九鬼嘉隆首塚

志摩二泊旅行最終日(三日目)は、両親とは別行動。 両親は鳥羽水族館へ、橙は九鬼氏の史跡巡りをすることになりました(平成31年3月下旬、三重県鳥羽市)。 (写真は、答志島・築上岬の山上にある九鬼嘉隆の首塚) 「いじか荘」の送迎バスで鳥羽駅と鳥羽水族館まで送っていただき、それぞれの行程がスタート。 橙は、駅前ビル(鳥羽一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ③横山展望台と大王埼灯台

両親との志摩二泊旅行二日目。 (写真は、大王埼灯台ミュージアム内のステンドグラス) 「いじか荘」からパールラインを走行し、まずは横山展望台へ向かいます(平成31年3月下旬、三重県志摩市)。 展望台からは、英虞湾の多島美が一望! (天気は薄曇りでイマイチでした。晴れた日の夕景が特に美しいそうです。)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ②石鏡温泉「いじか荘」

両親との志摩二泊旅行。 (二泊とも)お世話になった宿は、石鏡(いじか)温泉「いじか荘」。 文具大手・大○商会グループが運営する、全室オーシャンビュー、料理&温泉自慢の宿です(平成31年3月下旬、三重県鳥羽市)。 展望デッキからは、神島や伊良湖岬など伊勢湾の絶景が広がります。。 宿の名称にもなっている「石鏡(いじか)」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ①朝熊山と二見浦

毎年恒例となった両親との二泊旅行。 今年は、両親が訪れたことがないという志摩を周遊します(平成31年3月下旬)。 (写真は、国重文の金剛證寺本堂。安土桃山期の建物で、池田輝政の建立です。) 名古屋でのぞみ号から近鉄特急に乗換え、宇治山田駅で下車。 レンタカーで、伊勢志摩スカイラインを上り、まずは朝熊(あさま)山頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤村記念館(旧睦沢学校校舎)

出張の度に、気になっていた建物があります。 甲府駅北口の藤村記念館(旧睦沢学校校舎、国重文)です(平成31年3月中旬、甲府市)。 山梨県を代表する擬洋風建築の建物(明治前期)で、平成22年、再開発なった甲府駅北口に移築されてきました。 「ふじむら」記念館と読みます。 尊攘志士上がりの山梨県知事で、県内に擬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の旧前田家本邸(旧前田侯爵邸)

横浜での本業からの帰り道、旧前田家本邸(旧前田侯爵邸)に立ち寄りました(平成31年4月上旬、東京都目黒区)。 (写真は、洋館1階「小客室」の窓から望む駒場公園の桜) 旧前田家本邸は、旧加賀藩主前田家(前田侯爵家)の居宅として、昭和初期に建設されました(国重文)。 現在は、桜の名所・駒場公園の中にあり、洋館と和館が残され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ⑦無鄰菴

京の紅葉最後の庭は、無鄰菴です(平成30年11月下旬、京都市、入園料410円、年末休)。 無鄰菴は、南禅寺界隈別荘群の先駆け。 いずれも、東山を借景とし琵琶湖疎水の水を引いています。 無類の庭好きだった元老・山縣有朋が自ら指示し、七代目小川治兵衛(植治)に作庭させた明治の名庭(国名勝)。 近代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ⑥旧三井家下鴨別邸

龍吟庵を後に、鳥羽街道駅から京阪電車で出町柳駅へ(平成30年11月下旬、京都市)。 高野川に架かる橋を渡り、徒歩数分。下鴨神社の鳥居が見えてくると、そこに旧三井家下鴨別邸があります(国重文、入館料410円、水休・年末休)。 通常非公開の2階が特別公開されていたので、訪れました。 (写真は、2階から望む苔庭と飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ⑤龍吟庵

早起きして、京都の紅葉を楽しみます(平成30年11月下旬、京都市)。 清水五条駅から京阪電車で鳥羽街道駅へ。 特別公開中の東福寺塔頭・龍吟庵(りょうぎんあん)を拝観します(拝観料500円)。 なお、龍吟庵を含む東福寺中心伽藍周辺へは、東福寺駅よりも鳥羽街道駅の方が距離的に近く、人も少なめなのでお勧めです。 龍吟庵は春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪深き目の温泉 貝掛温泉「貝掛温泉」

疲れと乾燥、それにまさかの花粉?とで体調の優れない日々…… それら全てが無い越後の名湯へ向かいました(平成31年2月上旬、新潟県湯沢町)。 上越新幹線で国境のトンネルを抜けると、そこは本当に雪国🌁⛄🌁。 越後湯沢駅から雪の壁(約3メートル)のR17を路線バスで約20分。バス停で待機す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ④教林坊

観音寺山の南麓、安土城跡からもほど近い場所に、紅葉の美しい隠れ寺があります。 教林坊です(平成30年11月下旬、滋賀県近江八幡市、拝観料700円)。 こじんまりと佇むお寺ですが、とにかく苔と紅葉が美しい庭園です。 伝・小堀遠州作だとか。 広く知られるようになったのは、ここ数年。 時代劇でもしばしば目にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ③百済寺

湖東三山最後の寺は、百済寺(ひゃくさいじ)です(平成30年11月下旬、滋賀県東近江市、拝観料600円、駐車料無料)。 (写真は、本坊・喜見院の池泉回遊式庭園) 百済寺は、聖徳太子により創建されたと伝わる古刹です。 その名称から、渡来人ゆかりの寺であることが推察されます。 しかし、織田信長に抗した六角氏に味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more