粉雪の夜 草津温泉「草津ホテル」

無性に強酸性の温泉に浸かりたくなり、どうせなら雪見も、ということで、草津温泉を訪れました(平成29年2月中旬、群馬県草津町)。

季節柄ドライブは危険なので、上野駅から特急「草津」号に乗車します。
終点・長野原草津口駅でJR急行バスに乗り換え、トータル3時間ほどで草津温泉BTに到着です。

麓は快晴だったのに、山上の温泉街には粉雪が舞っていました。

画像


画像

(写真は、いずれもライトアップされた雪の湯畑


草津は暫くご無沙汰だったせいか、湯畑周辺が綺麗に整備されていたことにビックリ。
(そういえば前回訪問時は工事中だったかも……。温泉宿に入ると、余り出歩かない性分なので……)。

画像


画像

(写真は、いずれも白旗源泉


紫色の「雪見だいふく」のような光のオブジェ(かまくら?)も……。

画像



当日は素泊まりで、食事処を求めて、酷寒(氷点下5℃)の中へ繰り出した結果、上記のような幻想的な光景に巡り会うことができました。

ちなみに、当日の食事処は、湯畑から徒歩約2~3分の「源氏」さんを選択。
看板メニューの「和牛レバ炙り」と「モツ煮込み」は絶品でした。


さて、話しは前後しますが、本日の宿は「草津ホテル」です。

画像


草津では老舗の名門ホテルですが、日曜なので一人泊可でした。

泉質は、酸性アルミニウム・硫酸塩・塩化物温泉(酸性低張性高温泉)で、西の河原源泉の掛け流しです。
入浴中の強烈な刺激と硫化水素臭とで、ああ、草津の湯に浸かっているんだな、と実感できます。

大浴場と(泉温の異なる湯船が2つある)中浴場とがあり、男女入替制。
いずれも露天風呂が併設されているので、目論見どおり 雪見風呂を堪能できました。

ただ、当ホテルは、(他の客がいなくても)浴場内の写真撮影はNG(T-T)。
そのため、残念ながら草津ホテル浴場の写真はありません。

画像

(その替わり、無料喫茶スペースの写真を。奥には、足湯も併設されていました。)

〔終〕




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

深川バーテンダー
2017年04月01日 06:11
改めてみても綺麗ですね(^ー^)

この記事へのトラックバック