祇園囃子のない京都 ①仙洞御所と廬山寺の桔梗

だけん五大老会(まだ仮称)のMさんと夏の京都を訪れました(令和2年7月中旬、京都市)。

午前11時、仙洞御所に現地集合です(参観要予約※ネット予約可、無料)。

DSC_2459.JPG

当日の京都は雨模様……
例年なら、祇園祭の山鉾巡行の日に当たります。

DSC_2462.JPG

どこを切り「撮」っても絵になる仙洞御所。
橙は18年ぶり2度目の訪問です。

DSC_2463.JPG

この橋を渡る際には、ご案内いただいた職員の方から「まっすぐ進むと落ちますよ」との声が掛かりました(*^▽^*)

DSC_2466.JPG

当日まで降り続いた雨のせいでしょう、庭園の苔も瑞々しい……

DSC_2468.JPG

小堀遠州作の庭園と伝わりますが、後世にかなり手が加えられているそうです。

DSC_2485.JPG

桂離宮より大ぶりな感じの洲浜です。

DSC_2484.JPG

茶亭の醒花亭(せいかてい)です。

DSC_2492.JPG

約1時間の参観。
いつの間にか雨は上がっていました。

続いて、京都御苑を清和院御門から出て、廬山寺を訪問(拝観料500円、年末年始・2月上旬休)。

DSC_2498.JPG

源氏庭の桔梗が見頃を迎えていました(*^o^*)

DSC_2508.JPG

白砂と苔の庭園に、紫の桔梗が涼しげです。

DSC_2511.JPG

桔梗といえば、明智光秀の家紋。今年の大河「麒麟がくる」の主人公ですね。
廬山寺とも浅からぬ縁があるようで、開催中の特別展で、明智光秀の念持仏(地蔵菩薩坐像・安土桃山)が展示されていました。
光秀宛の「正親町天皇女房奉書」(国重文)も必見です(開催期間:令和2年11月30日まで)。

DSC_2507.JPG
(庭園には白い桔梗も)

昼食は、寺町丸太町の「マダム紅蘭」へ。
橙が1年過ごした京都時代にお世話になった〝町家で中華〟のお店です。
Mさん共々、夏の季節メニュー・棒々鶏冷麺を頂きました(*^▽^*)


昼食後は花園駅前まで市バスで移動し、本日の宿の送迎車に乗り込みます。 


〔②三尾(さんび) へ続きます〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント