湖東三山と京の紅葉 ⑦無鄰菴

京の紅葉最後の庭は、無鄰菴です(平成30年11月下旬、京都市、入園料410円、年末休)。 無鄰菴は、南禅寺界隈別荘群の先駆け。 いずれも、東山を借景とし琵琶湖疎水の水を引いています。 無類の庭好きだった元老・山縣有朋が自ら指示し、七代目小川治兵衛(植治)に作庭させた明治の名庭(国名勝)。 近代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ⑥旧三井家下鴨別邸

龍吟庵を後に、鳥羽街道駅から京阪電車で出町柳駅へ(平成30年11月下旬、京都市)。 高野川に架かる橋を渡り、徒歩数分。下鴨神社の鳥居が見えてくると、そこに旧三井家下鴨別邸があります(国重文、入館料410円、水休・年末休)。 通常非公開の2階が特別公開されていたので、訪れました。 (写真は、2階から望む苔庭と飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ⑤龍吟庵

早起きして、京都の紅葉を楽しみます(平成30年11月下旬、京都市)。 清水五条駅から京阪電車で鳥羽街道駅へ。 特別公開中の東福寺塔頭・龍吟庵(りょうぎんあん)を拝観します(拝観料500円)。 なお、龍吟庵を含む東福寺中心伽藍周辺へは、東福寺駅よりも鳥羽街道駅の方が距離的に近く、人も少なめなのでお勧めです。 龍吟庵は春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪深き目の温泉 貝掛温泉「貝掛温泉」

疲れと乾燥、それにまさかの花粉?とで体調の優れない日々…… それら全てが無い越後の名湯へ向かいました(平成31年2月上旬、新潟県湯沢町)。 上越新幹線で国境のトンネルを抜けると、そこは本当に雪国🌁⛄🌁。 越後湯沢駅から雪の壁(約3メートル)のR17を路線バスで約20分。バス停で待機す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ④教林坊

観音寺山の南麓、安土城跡からもほど近い場所に、紅葉の美しい隠れ寺があります。 教林坊です(平成30年11月下旬、滋賀県近江八幡市、拝観料700円)。 こじんまりと佇むお寺ですが、とにかく苔と紅葉が美しい庭園です。 伝・小堀遠州作だとか。 広く知られるようになったのは、ここ数年。 時代劇でもしばしば目にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ③百済寺

湖東三山最後の寺は、百済寺(ひゃくさいじ)です(平成30年11月下旬、滋賀県東近江市、拝観料600円、駐車料無料)。 (写真は、本坊・喜見院の池泉回遊式庭園) 百済寺は、聖徳太子により創建されたと伝わる古刹です。 その名称から、渡来人ゆかりの寺であることが推察されます。 しかし、織田信長に抗した六角氏に味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ②金剛輪寺

湖東三山紅葉狩りの2ヶ寺目は、金剛輪寺です(平成30年11月下旬、滋賀県愛荘町、拝観料600円、駐車料無料)。 まずは、本坊・明寿院庭園(国名勝)へ。 カエデやヤマモミジ(「血染めのモミジ」)、それにドウダンツツジも紅葉まっ盛りでした。 金剛輪寺でも秋の桜が、紅葉と競演w。 本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ①西明寺

平成最後の紅葉狩りは、近江と京都の一泊旅行となりました(平成30年11月下旬)。 初日は、米原駅からレンタカーで湖東三山と教林坊の4ヶ寺を巡ります。 まずは、西明寺へ(滋賀県甲良町、拝観料600円、駐車料無料)。 (写真は、国宝・本堂から望む国宝・三重塔) 紅葉は最盛期。最高の時期に訪れました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の白河 ②白河小峰城

甲子温泉「大黒屋」の送迎バスで新白河駅まで送っていただき、東北本線で隣の白河駅へ。 駅前の観光案内所で無料のレンタサイクルを借ります(平成30年12月中旬、福島県白河市)。 駅裏(北)にある白河小峰城はすぐです(国史跡、日本百名城)。 白河小峰城は奥羽の関門。 江戸幕府が築城の名家・丹羽長重(安土城の築城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の白河 ①甲子温泉「旅館 大黒屋」

東北新幹線・新白河駅から宿の送迎バスで約30分。 甲子温泉「旅館 大黒屋」に宿泊しました(平成30年12月中旬、福島県西郷村)。 (写真は、大岩風呂。100%源泉掛け流し。基本混浴ですが、女性専用時間帯があります。) 「大黒屋」は、日光国立公園の中にある日本秘湯を守る会加盟の宿。 周囲は既に白銀の世界でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧白洲邸 武相荘

甲府一泊出張の帰り道、鶴川の旧白州邸 武相荘を訪れました(平成30年11月下旬、東京都町田市)。 武相荘は白洲次郎・正子夫妻の旧居。 現在は、ミュージアム兼レストランとなっています(月休、ミュージアム入館料1050円、駐車場無料)。 読みは「ぶあいそう」。立地(武蔵と相模の境)と無愛想とに掛けて名付けたようですw …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐の猿橋の紅葉

午後からの甲府出張。 時間に余裕があったので、中央道を途中で降り、甲斐の猿橋に立ち寄ります(平成30年11月下旬、山梨県大月市)。 ※1 (写真は、R20に架かる新猿橋から眺めた猿橋) 猿橋は、日本三奇橋の一つ(国名勝)。 ※2 桂川の渓谷に架かる橋で、猿が互いの体を繋いで川を渡る様をヒントにしたのがネーミングの由来とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ④前山寺「未完成の完成の塔」

(写真は、「未完成の完成の塔」こと重文・前山寺三重塔) 別所温泉を後に、霊峰・独鈷山(とっこさん)麓の古刹を巡ります(平成30年11月中旬、長野県上田市)。 まずは、中禅寺へ(拝観料200円)。 中禅寺薬師堂は鎌倉初期建立の宝形造りの建物(国重文)。 堂内には定朝様の薬師如来座像(国重文・平安末期)が祀ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ③国宝・安楽寺八角三重塔

田沢温泉から車で約15分、別所温泉の温泉街に到着です(平成30年11月中旬、長野県上田市)。 まずは、温泉街の一番奥にある安楽寺へ。 この寺には、我が国唯一の八角三重塔があります(国宝、拝観料300円)。 鎌倉末期(1290年頃)の建立で、我が国最古の禅宗様建築。 屋根は柿(こけら)葺き。 一見、四重塔にも見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ②田沢温泉「富士屋」「有乳湯」

本日の宿は、田沢温泉の「富士屋」です(平成30年11月中旬、長野県青木村)。 (写真は、石畳が続く田沢温泉の温泉街) 田沢温泉の泉質は、アルカリ性単純硫黄温泉。 源泉温度が約40℃とぬるめで(後述する、共同浴場(外湯)の「有乳湯(うちゆ)」)、婦人病や不妊症等に効能のある子宝の湯として知られています。 「富士屋」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ①国宝・大法寺三重塔

10月下旬から二週間以上休みが取れず、疲労困憊しました。 信州の温泉へ行ってきます(平成30年11月中旬)。 (写真は、紅葉に染まる大法寺三重塔) 上信越道を上田菅平ICで降り、まずは室賀の前松寺へ(長野県上田市)。 前松寺は、平成28年大河ドラマ「真田丸」で西村雅彦さんが怪演した室賀正武の菩提寺。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西伊豆 堂ヶ島

湯ヶ島温泉から西伊豆・堂ヶ島を目指します(平成30年10月下旬)。 (写真は、堂ヶ島から伊豆半島南側を望む) まずは、西伊豆スカイラインの仁科峠へ(静岡県西伊豆町)。 駐車場(4~5台程度)から笹の中の道を10分ほど登ると、展望台に到達です。 眼下に駿河湾を望む絶景でしたが、あいにく富士は雲に隠れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯ヶ島温泉「白壁荘」

本日の宿は、湯ヶ島温泉「白壁荘」です(平成30年10月下旬、静岡県伊豆市)。 早速、当館自慢の「巨石風呂」(男女交替制)へ。 巨石から源泉掛け流しの湯が溢れています。 泉質は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。弱アルカリ性の優しい湯です。 巨石は天城火山の溶岩(安山岩)で、重さ約53トン(公式パンフより)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三島の楽寿園

熱海での研修も無事終了。 橙は、同期の先生方(I先生・T先生)と伊豆でもう一泊します(平成30年10月下旬)。 まずは、三島駅前にある楽寿園へ(静岡県三島市、国天然・名勝、入園料300円、月休・年末年始休)。 (写真は、小浜池から望む楽寿館) 楽寿園は、小松宮彰仁親王(幕末期は仁和寺宮嘉彰親王)の旧別邸。 富士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一条恵観山荘

熱海で弁護士会派の一泊研修があり、その途上、神奈川県鎌倉市の一条恵観(えかん)山荘を訪れました(平成30年10月下旬、入園料500円、月火休)。 一条恵観(昭良)は、後陽成天皇の第九皇子で、摂関家の一条家へ養子に入った方です(皇別摂家)。 桂離宮を造営した八条宮智仁親王は叔父に当たります。 江戸初期(164…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more