テーマ:博物館・美術館

青梅の迎賓館 津雲邸と日向和田臨川庭園

裂石温泉「雲峰荘」からの帰途、青梅の津雲邸とその別邸庭園であった日向和田(ひなたわだ)臨川庭園を訪れました(令和元年5月中旬、東京都青梅市)。 (写真は、津雲邸2階「大広間」にある鳳凰の透かし彫り) 奥多摩方面(R411)から入りましたので、まず日向和田臨川庭園へ(入園無料、月休)。 青梅選出の元衆院議員・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ③重森三玲庭園美術館

市バス206系統を京大正門前バス停で下車。 徒歩約5分で、重森三玲庭園美術館に到着です(平成31年4月下旬、京都市)。 (写真は、書院から眺めた庭園。手前の大きな平石は遙拝石です。) ここは、昭和を代表する作庭家・重森三玲の旧宅(完全予約制、見学料900円)。 吉田神社の社家・鈴鹿家の所有であったものを三玲が譲り受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤村記念館(旧睦沢学校校舎)

出張の度に、気になっていた建物があります。 甲府駅北口の藤村記念館(旧睦沢学校校舎、国重文)です(平成31年3月中旬、甲府市)。 山梨県を代表する擬洋風建築の建物(明治前期)で、平成22年、再開発なった甲府駅北口に移築されてきました。 「ふじむら」記念館と読みます。 尊攘志士上がりの山梨県知事で、県内に擬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧白洲邸 武相荘

甲府一泊出張の帰り道、鶴川の旧白州邸 武相荘を訪れました(平成30年11月下旬、東京都町田市)。 武相荘は白洲次郎・正子夫妻の旧居。 現在は、ミュージアム兼レストランとなっています(月休、ミュージアム入館料1050円、駐車場無料)。 読みは「ぶあいそう」。立地(武蔵と相模の境)と無愛想とに掛けて名付けたようですw …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋沢史料館 青淵文庫・晩香蘆と特別展「渋沢平九郎」

真夏の休日、東京都北区・飛鳥山公園の一角にある渋沢史料館を訪れました(平成30年8月下旬、入館料300円、月休・年末年始休・不定休あり)。 ここは、実業界の巨人・渋沢栄一の飛鳥山邸跡(S20年の空襲で、青淵文庫と晩香蘆を残して焼失)。 史料館受付で入館料を支払い、まずは青淵文庫(せいえんぶんこ、国重文)へ。 1階・…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

瀬波温泉「椿の宿 吉田や」

村上でお世話になった宿は、瀬波温泉の「椿の宿 吉田や」さんです(平成30年7月中旬、新潟県村上市)。 瀬波温泉といえば海に沈む夕陽で有名ですが、「吉田や」さんは海には面していません。 その代わり、宿の裏山に瀬波温泉の元湯源泉(噴湯)があります。 泉質は、ナトリウム-塩化物温泉(アルカリ性低張性高温泉)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢から郡上八幡へ ⑤高山祭屋台会館と下呂温泉「湯之島館」

高山ICで高速(高山清見道路)を降り、飛騨高山の街に入りました(平成30年4月下旬、岐阜県高山市)。 碁盤目の細い道路を進むと、桜山八幡宮の境内にある高山祭屋台会館に到着です(入館料900円)。 高山祭屋台会館は、秋の高山祭に繰り出す屋台(国重文)を年中見学できる施設です。 それでは、飛騨の匠の技をご覧下さい(フラッシュを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壱岐の国紀行 ②原の辻遺跡と一支国博物館

壱岐2日目。沖縄方面を台風が通過した日で、快晴ですが、風の強い一日です。 本日、J先生とK先生はチャリティのリハーサルのため、残る4名はレンタカーで壱岐一周のドライブに出かけました(平成30年6月中旬、長崎県壱岐市)。 まずは、「魏志」倭人伝に登場する一支国(いきこく)の都と云われる原の辻(はるのつじ)遺跡へ(国特別史跡・日本遺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝「曜変天目(稲葉天目)」特別公開 静嘉堂文庫美術館

世界に3腕しかない茶器「曜変天目」の一つが特別公開されています。 場所は、三菱財閥・岩崎家の収集古美術品を多数収蔵する静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区、入館料1000円、月休)。 本業の甲府出張帰りに立ち寄りました(平成30年5月下旬)。 国宝「曜変天目(稲葉天目)」は、開催中の特別展「酒器の美に酔う」に特…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

城下町人吉 ①人吉城跡

橙の知人にビジュアル系ロックシンガーのT君がいます。 そのT君が作詞作曲のインスピレーションを得るべく、人吉に行きたいと言うので、橙も同行することになりました(平成30年3月中旬、熊本県人吉市)。 (写真は、人吉城跡の「武者返し」。石垣上部に設置された、はね出し石垣のことで、人吉城の代表的景観です。) 鹿児島空港からレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の米沢・白布温泉 ①上杉家御廟所

歴史好き温泉好きの総勢5名(仮称「五大老会」)で、雪まだ深い城下町・米沢を訪れました(平成30年3月上旬、山形県米沢市)。 東京駅から米沢駅までは、山形新幹線つばさ号で約2時間15分。乗換なしで便利です。 福島駅手前の車窓からは、雪を冠した吾妻小富士がハッキリ望めました(下の写真・中央やや左上の富士山頂の形に似た山です。)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都庭園美術館(旧朝香宮邸) アール・デコの館

梅の香に誘われて、白金にある東京都庭園美術館の特別展「装飾は流転する」を見学してきました(平成30年2月下旬、東京都港区、特別展入館料1100円)。 (写真は、本館・次室(つぎのま)。中央に立つのは、アンリ・ラパンがデザインした「香水塔」。) 東京都庭園美術館の本館は、旧朝香宮邸です。 アール・デコ全盛期の20世紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北信州の秋 ⑤城下町松代の真田邸

最終日・3日目は、終日雨でした(平成29年10月下旬)。 「仙壽閣」をチェックアウトし、まずは、渋温泉・地獄谷駐車場経由で地獄谷野猿公苑を目指しました。 ……が、雨で足許が悪い上、途中で同期のI先生が発情期の猿に襲われたため、断念し引き返しました(※)。 気を取り直して、同期のG先生のリクエストに従い、松代を目指します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北信州の秋 ③小布施の北斎館と岩松院

2日目の朝。 七味温泉から松川渓谷を下って、小布施の街へ向かいます(平成29年10月下旬、長野県小布施町)。 小布施は約30年ぶりの訪問です。 比較的空いている東町駐車場(3時間100円)に車を駐め、隣接する北斎館へ(高井鴻山記念館・小布施ミュージアムとの三館共通入場券1300円、三館とも12月31日休)。 同期のT先生のリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北信州の秋 ①豪商の館 田中本家博物館

同期の弁護士4人で、北信州へ2泊3日の温泉研修旅行に出かけました。 ドライバーは、私こと橙です(平成29年10月下旬)。 上信越道を須坂長野東ICで降り、まずは、豪商の館 田中本家博物館へ(長野県須坂市、入館料900円、火休・年末休、但し3・4・8・10・11月は無休)。 須坂市は蔵の街で、江戸期に商業で栄えた名残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本間美術館の白ツツジ

GW明け、猫の手も借りたい日々をやり繰りして、東北出張へ(平成29年5月中旬)。 盛岡、秋田(Yさん、夕食に付き合ってくれて、ありがとう(*^_^*))を経て、最後に酒田に立ち寄り、顧問先様の副部長に昇進されたSさんの豪華アテンド付きで、本間美術館を再訪しました(山形県酒田市、冬期火水休、年末年始・展示替期間休、入館料900円)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る伊予 ⑤宇和島城と伊達博物館

宇和島の街では、隅々から、宇和島城の天守を仰ぎ見ることができます。 その宇和島城に登城しました(平成29年5月上旬、愛媛県宇和島市、国史跡、日本百名城)。 (写真は、二の門跡付近から望んだ現存天守と本丸石垣) 宇和島城は、築城の名手・藤堂高虎による縄張り。 その後、大坂冬の陣の勲功によって、伊達政宗の長男・秀宗に宇和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰粧う ②足立美術館

足立美術館に到着です(平成28年11月上旬、島根県安来市、入館料2300円、年中無休)。 ここは、米国庭園専門誌の日本庭園ランキング1位を毎年更新中の庭園(昭和45年開館)。 今回の旅で一番期待して訪れた場所でした。 まずは、写真をご覧下さい。順路に従って鑑賞した順になっています。   (雄大な借景庭園「枯山水庭」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉堂美術館 巨匠の日本画と庭園

根津記念館からは、R411(青梅街道)を走行し、都県境を越えます(平成28年9月中旬)。 途中、新たなバイパスやトンネルが部分的に開通しており、かつての難路もだいぶ走行しやすくなりました。 奥多摩駅付近を過ぎ、吉野街道に入ると、程なく玉堂美術館に到着です(入館料500円、月休・年末年始休)。 玉堂美術館は、日本画の巨匠・川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀の国の庭園【2日目 ③高野山霊宝館】

橋本駅から南海高野線・ケーブルカー・バスを乗り継いで、霊場・高野山に到着しました(平成28年5月上旬、11年ぶり2回目)。 途中、九度山駅は、今話題の大河ドラマ「真田丸」の影響で、幟やらラッピングやらで赤一色でした。 また、車窓は山中から雲がわき出る神秘的な光景の連続。 それに気付いた南海電車の外人乗客達が次々とカメラを取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根津美術館 特別展「国宝 燕子花図屏風」

平成28年のGW初日、東京都港区の根津美術館を訪ねました(特別展入館料1300円、駐車料無料※但し、台数僅少です)。 庭園のカキツバタは今が見頃です。 藤の花も見頃でした。 根津美術館では、カキツバタの開花時期に合わせて、尾形光琳作「燕子花図屏風」(国宝)が特別展示されます(平成28年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more