テーマ:紅葉

湖東三山と京の紅葉 ⑦無鄰菴

京の紅葉最後の庭は、無鄰菴です(平成30年11月下旬、京都市、入園料410円、年末休)。 無鄰菴は、南禅寺界隈別荘群の先駆け。 いずれも、東山を借景とし琵琶湖疎水の水を引いています。 無類の庭好きだった元老・山縣有朋が自ら指示し、七代目小川治兵衛(植治)に作庭させた明治の名庭(国名勝)。 近代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ⑥旧三井家下鴨別邸

龍吟庵を後に、鳥羽街道駅から京阪電車で出町柳駅へ(平成30年11月下旬、京都市)。 高野川に架かる橋を渡り、徒歩数分。下鴨神社の鳥居が見えてくると、そこに旧三井家下鴨別邸があります(国重文、入館料410円、水休・年末休)。 通常非公開の2階が特別公開されていたので、訪れました。 (写真は、2階から望む苔庭と飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ⑤龍吟庵

早起きして、京都の紅葉を楽しみます(平成30年11月下旬、京都市)。 清水五条駅から京阪電車で鳥羽街道駅へ。 特別公開中の東福寺塔頭・龍吟庵(りょうぎんあん)を拝観します(拝観料500円)。 なお、龍吟庵を含む東福寺中心伽藍周辺へは、東福寺駅よりも鳥羽街道駅の方が距離的に近く、人も少なめなのでお勧めです。 龍吟庵は春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ④教林坊

観音寺山の南麓、安土城跡からもほど近い場所に、紅葉の美しい隠れ寺があります。 教林坊です(平成30年11月下旬、滋賀県近江八幡市、拝観料700円)。 こじんまりと佇むお寺ですが、とにかく苔と紅葉が美しい庭園です。 伝・小堀遠州作だとか。 広く知られるようになったのは、ここ数年。 時代劇でもしばしば目にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ③百済寺

湖東三山最後の寺は、百済寺(ひゃくさいじ)です(平成30年11月下旬、滋賀県東近江市、拝観料600円、駐車料無料)。 (写真は、本坊・喜見院の池泉回遊式庭園) 百済寺は、聖徳太子により創建されたと伝わる古刹です。 その名称から、渡来人ゆかりの寺であることが推察されます。 しかし、織田信長に抗した六角氏に味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ②金剛輪寺

湖東三山紅葉狩りの2ヶ寺目は、金剛輪寺です(平成30年11月下旬、滋賀県愛荘町、拝観料600円、駐車料無料)。 まずは、本坊・明寿院庭園(国名勝)へ。 カエデやヤマモミジ(「血染めのモミジ」)、それにドウダンツツジも紅葉まっ盛りでした。 金剛輪寺でも秋の桜が、紅葉と競演w。 本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ①西明寺

平成最後の紅葉狩りは、近江と京都の一泊旅行となりました(平成30年11月下旬)。 初日は、米原駅からレンタカーで湖東三山と教林坊の4ヶ寺を巡ります。 まずは、西明寺へ(滋賀県甲良町、拝観料600円、駐車料無料)。 (写真は、国宝・本堂から望む国宝・三重塔) 紅葉は最盛期。最高の時期に訪れました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐の猿橋の紅葉

午後からの甲府出張。 時間に余裕があったので、中央道を途中で降り、甲斐の猿橋に立ち寄ります(平成30年11月下旬、山梨県大月市)。 ※1 (写真は、R20に架かる新猿橋から眺めた猿橋) 猿橋は、日本三奇橋の一つ(国名勝)。 ※2 桂川の渓谷に架かる橋で、猿が互いの体を繋いで川を渡る様をヒントにしたのがネーミングの由来とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ④前山寺「未完成の完成の塔」

(写真は、「未完成の完成の塔」こと重文・前山寺三重塔) 別所温泉を後に、霊峰・独鈷山(とっこさん)麓の古刹を巡ります(平成30年11月中旬、長野県上田市)。 まずは、中禅寺へ(拝観料200円)。 中禅寺薬師堂は鎌倉初期建立の宝形造りの建物(国重文)。 堂内には定朝様の薬師如来座像(国重文・平安末期)が祀ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ③国宝・安楽寺八角三重塔

田沢温泉から車で約15分、別所温泉の温泉街に到着です(平成30年11月中旬、長野県上田市)。 まずは、温泉街の一番奥にある安楽寺へ。 この寺には、我が国唯一の八角三重塔があります(国宝、拝観料300円)。 鎌倉末期(1290年頃)の建立で、我が国最古の禅宗様建築。 屋根は柿(こけら)葺き。 一見、四重塔にも見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ①国宝・大法寺三重塔

10月下旬から二週間以上休みが取れず、疲労困憊しました。 信州の温泉へ行ってきます(平成30年11月中旬)。 (写真は、紅葉に染まる大法寺三重塔) 上信越道を上田菅平ICで降り、まずは室賀の前松寺へ(長野県上田市)。 前松寺は、平成28年大河ドラマ「真田丸」で西村雅彦さんが怪演した室賀正武の菩提寺。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の蔵王連峰 ②蔵王エコーライン 滝見台と駒草平

いよいよ蔵王エコーラインを登ります(平成30年10月中旬、宮城県蔵王町)。 (写真は、駒草平・不帰の滝) 蔵王エコーラインの宮城県側(宮城蔵王)には、滝を望むことができる展望台が点在しています。 まずは、滝見台へ。 ここからは、三階滝と不動滝が見えるはずですが…… 三階滝(上の写真)はかなり遠く、不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ⑨櫻井家庭園と出雲文化伝承館

吉田の町並みから暫く山間の道を進むと、可部屋集成館(櫻井家住宅)に到着です(平成29年11月中旬、島根県奥出雲町)。 櫻井家も、たたら製鉄で栄えた家。 ここには、素晴らしい庭園が遺されています(月休、冬期=12月中旬~3月中旬休、入園料400円、可部屋集成館との共通券1000円)。 この櫻井家庭園は、江戸後期の享和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ⑧たたら製鉄の郷 菅谷高殿

4日目、最終日です。 本日は、雲南・奥出雲を周って、出雲空港から帰京する予定です(平成29年11月中旬)。 まずは、石見銀山から三瓶山の南麓を通って、雲南市(旧吉田町)を目指します。 雲南・奥出雲は、かつてたたら製鉄で栄えた地域です。 砂鉄と炎から鋼(はがね)(和鋼、玉鋼)を作り出しました。 たたら製鉄で作られた鋼は日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ④津和野城跡と永明寺

堀庭園を後に津和野城跡へ向かいます(平成29年11月中旬、島根県津和野町)。 津和野城跡(国史跡・日本百名城)へは、山麓の駐車場(無料)から観光リフトを利用します(往復400円。30年前にも乗った記憶がありますが、その頃と変わらず稼働していることに驚きました。)。 リフトの終点から城跡までは、尾根道を歩くこと約15分。 ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ③堀庭園の紅葉

2日目。津和野で迎えた朝は快晴(平成29年11月中旬、島根県津和野町)。 早朝の城下町を散策した後、堀庭園へ向かいます(国名勝、月休※11月は無休、500円)。 津和野城下から堀庭園までは車で15分(バスで20分)ほど。 至近距離ですが、ここは津和野藩領ではなく、天領でした。 堀家は、天領差配家と銅山年寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ②瑠璃光寺五重塔と常栄寺庭園

龍福寺(大内氏館跡)から香山公園までは、車ですぐの距離です(山口市、平成29年11月中旬)。 駐車場は香山公園の南北にあり、いずれも無料です。 まずは、国宝の瑠璃光寺五重塔を拝観(無料)。 室町期・応永の乱で戦死した大内義弘を弔うために、弟の盛見が建立したと伝わります。 三度目の訪問になりますが、和様を基調とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ①大内氏遺跡(凌雲寺跡・龍福寺)

平成29年の紅葉の季節に、山口から津和野、石見銀山を経て奥出雲まで、3泊4日の旅をしました(平成29年11月中旬)。 山口宇部空港に降り立ち、レンタカーを調達して、まずは凌雲寺跡へ。 大内氏の最盛期を築いた大内義興の菩提寺です(山口市、国史跡)。 (写真は、凌雲寺跡の石塁から南方を望んだもの。) 凌雲寺跡は山口市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水元公園 メタセコイアの森の紅葉

11月中旬に津和野や石見銀山を訪れたのですが、枚数が多い上に、年末の多忙も重なり、未だアップできないでおります(;´Д`)。 そんな中、東京最終の紅葉・水元公園のメタセコイアの森を訪れましたので、取り急ぎアップします(平成29年12月中旬、東京都葛飾区・埼玉県三郷市)。 見上げる紅葉。 レンガ色の紅葉です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北信州の秋 ⑤城下町松代の真田邸

最終日・3日目は、終日雨でした(平成29年10月下旬)。 「仙壽閣」をチェックアウトし、まずは、渋温泉・地獄谷駐車場経由で地獄谷野猿公苑を目指しました。 ……が、雨で足許が悪い上、途中で同期のI先生が発情期の猿に襲われたため、断念し引き返しました(※)。 気を取り直して、同期のG先生のリクエストに従い、松代を目指します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北信州の秋 ④上林温泉「仙壽閣」

2日目の宿は、志賀高原の入口・上林温泉の「上林ホテル仙壽閣」。 数年ぶりの訪問です(平成29年10月下旬、長野県山ノ内町)。 紅葉まっ盛りでした。 当館は、志賀高原を開発した長野電鉄直営のホテル。 中庭の紅葉も、素晴らしいの一言です。 夕食は、松茸土瓶蒸し、信州牛のステーキなど、地の名産が並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北信州の秋 ②紅葉の松川渓谷と七味温泉「渓山亭」

田中本家博物館を後に、紅葉の名所・松川渓谷へ向かいます(平成29年10月下旬、長野県高山村)。 山田温泉を過ぎると、本格的な山道に。山の粧いもオレンジや赤へと変わってゆきます。 道沿いの駐車場(5台程度、無料)へ車を駐め、徒歩で坂道を下っていくと…… 雷滝に到着です。 裏側からも眺めることができるので、裏見の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石和の大蔵経寺

本日は、甲府への日帰り出張(平成28年11月中旬)。 無事本業も終了し、石和温泉駅まで送っていただいたのですが、目の前で新宿行の特急が出発してしまいました(T-T)。次の特急までは約1時間……。 こんなときは、近場を観光するに限ります。 とういう次第で、駅から徒歩5分の大蔵経寺を訪れました(山梨県笛吹市、拝観料300円、年中無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰粧う ⑦由志園

中海に浮かぶ大根島(だいこんじま)も、今では陸続き。 松江方面からも、米子方面からも、車でのアクセスが可能です(平成28年11月上旬)。 その大根島に由志園(ゆうしえん)はあります(松江市、入園料800円、しまねカード等各種割引あり、年中無休)。 由志園は、池泉回遊式の日本庭園。 大根島がまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰粧う ④霊峰大山周遊

二日目の朝。本日は、安来ICから米子道経由・蒜山ICで降りて、山陰の霊峰・大山(だいせん)の紅葉を満喫します(平成28年11月上旬、鳥取県江府町・大山町)。 まずは、鬼女台(きめんだい)へ。ここは、大山の南壁を遠望できる展望スポットです。 いい具合に紅葉していました。気温は寒いくらいです。 続いて、大山環状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰粧う ①サンライズ出雲と安来の古刹

新年あけましておめでとうございます。 拙ブログの主・橙です。 お陰様で、拙ブログも二度目の新年を迎えることができました。 昨年終盤は、大風邪を引いたり、仕事に追われたりで、ブログの更新が全くできませんでした(;´Д`)。 係る次第で、寝正月を利用し、昨年11月~の記事を書いております。 閑話休題 22…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の奥日光・那須高原 ③那須湯本温泉と駒止の滝

いろは坂を下り、日光田母沢御用邸記念公園の隣にある「日光そば処 たくみ庵」で昼食を。 大もり蕎麦はコシと香りが絶品。キノコご飯とともにいただきました(平成28年10月中旬)。 食後は、日光宇都宮道路→東北道と走り、那須ICで降りて、殺生石(国名勝)を訪れます(約20年ぶり)。 殺生石といえば、九尾の狐伝説ですね。周囲には硫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の奥日光・那須高原 ②英国大使館別荘記念公園

竜頭の滝から中禅寺湖畔を戻り、平成28年7月1日にオープンしたばかりの英国大使館別荘記念公園を訪れます(同年10月中旬、入館料200円、開館期間4~11月、4・5・11月のみ月休)。 当初ここは、幕末の英国外交官・アーネスト・サトウの個人別荘でした。 その後、英国大使館別荘として長年使われてきたものを、復元整備し公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の奥日光・那須高原 ①竜頭の滝

奥日光と那須高原は、そろそろ紅葉の季節……。 久しぶりの休暇を取って、紅葉狩りドライブに行ってきました(平成28年10月中旬)。 ハイシーズンとはいえ、平日(金曜日)の午前中なので、いろは坂もスイスイ。 竜頭の滝の駐車場は、さすがに滝下は空車待ちで数台並んでいましたが、滝上へ回るとすぐに駐めることができました。 滝上の橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の小石川後楽園

風邪の引き始めでしたが、一晩ゆっくり休んだらほぼ回復しました(平成27年11月下旬)。 23区内屈指の紅葉の名所・小石川後楽園を訪ねます(東京都文京区、国特別史跡・特別名勝、入園料300円)。 入口から左方向へ進むと、紅葉の見所「大堰川」です。 遅れていたモミジの紅葉も、見頃が始まっていました(喜)。 午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more