テーマ:建築

津軽と下北 ②藤田記念庭園

盛美園から弘前市内へ(令和3年6月下旬)。 弘前市中心部の見所3施設=藤田記念庭園、弘前城、弘前城植物園を訪問します(青森県弘前市、3施設共通券520円)。 まずは、大正期の庭園・藤田記念庭園へ(駐車場無料)。 花菖蒲の盛りでした(^-^) 藤田記念庭園は、崖を境に「低地部」と「高台部」とに分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津軽と下北 ①盛美園

やってきました青森県。実に18年ぶりです(令和3年6月下旬)。 青森空港からレンタカーで、まずは盛美園(せいびえん)を訪ねました(青森県平川市、国名勝、閲覧料金500円※冬季250円、年末年始休)。 盛美園は、明治期に作庭された大石武学流庭園の代表作(その何たるかは、後ほど……)。 擬洋風建築の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間の構造線 ①小谷温泉「大湯元 山田旅館」

梅雨の晴れ間に、信越国境の秘湯を訪れました(令和3年6月上旬)。 小谷(おたり)温泉「大湯元 山田旅館」です(長野県小谷村、日本秘湯を守る会加盟)。 北陸新幹線・糸魚川駅で大糸線に乗り換え、糸魚川静岡構造線(フォッサマグナの西端)に沿う形で南下。 中土駅で下車し、そこからさらに小谷村営バスに30分程揺られて、ようや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北越で白鳥に出会う旅

上越新幹線に乗って、豪雪地帯の北越へ。 同行者は、ビジュアル系ベーシストのT君です(令和4年1月下旬)。 越後湯沢では吹雪でしたが、長岡で信越線に乗り換えた頃には小康状態となり、次第に晴れ間ものぞいてきましたヾ(^v^)k 羽生田駅で下車し、予約していたタクシーで約5分。 椿寿荘(ちんじゅそう)に到着です(新潟県田上町、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登半島一周 ④上時国家

3日目・最終日です(令和3年11月上旬)。 まずは、平時忠一族の墓へ(石川県珠洲市)。 平時忠は清盛の義弟(妻・時子の弟)。 「平家にあらずんば人にあらず」(平家物語)と言ったとか言わないとか…… 平家滅亡後も生き延び、能登に流され、この地で亡くなったと伝わります(子孫については後述)。 能登半島北岸の景勝地・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登半島一周 ③能登金剛と天領黒島

和倉温泉で迎えた2日目の朝(令和3年11月上旬)。 本日はまず、能登半島西岸の景勝地・能登金剛を目指します(石川県志賀町)。 駐車場(無料)前の売店で乗船券を購入し、長い石段を下ると(杖の貸出あり)、能登金剛・巌門めぐり遊覧船乗り場に到着(乗船料1200円)。 約20分間の遊覧クルーズに出発です。 なお、能登金剛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登半島一周 ②勝興寺

勝興寺は浄土真宗本願寺派の寺院(令和3年11月上旬、富山県高岡市)。 その堂舎群12棟は、平成7年、国重文に指定。 平成10年から令和2年まで23年間の大修理を終えて、江戸期の壮麗な伽藍が甦りました(年末年始休、拝観料500円・市内他施設との共通割引あり、無料駐車場あり)。 まずは、城郭を思わせる望楼形式の鼓楼(国重文)を。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はいからさんが沼田を通る 旧土岐家住宅洋館

毎年恒例の夏バテ解消のため、上州の秘湯を訪ねました(令和3年8月下旬)。 在来線を乗り継いで、沼田駅で下車(群馬県沼田市)。 駅前でレンタカーを借り、沼田の中心市街地を軽く観光します。 まずは正覚寺へ(境内自由)。 小松姫(大蓮院殿。本多忠勝の娘にして真田信幸夫人)の墓に参拝しました。 続いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る若狭へ ③小浜の古刹 萬徳寺と明通寺

若狭国小浜は、かつては奈良の外港(日本海側)で「海のある奈良」と呼ばれました。 中世までは東大寺の大荘園(太良庄)が存続し、その名残が東大寺二月堂と水脈で繋がっているという「お水送り」の行事(鵜の瀬)です。 古刹も多数(明通寺、羽賀寺、神宮寺、萬徳寺等)。過去2回の訪問で一通りは巡礼しました。 前置きが長くなりましたが、今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東の東海館

湯ヶ野温泉からの帰途は、氷雨の一日……(令和3年1月下旬) 途中休憩を兼ねて、伊東の東海館に立ち寄りました(静岡県伊東市、第3火休・1月1日休、入館料200円、近隣に有料駐車場複数あり)。 東海館は昭和3年創業の伊東温泉を代表する旅館でした。 平成9年の廃業を経て、平成13年以降は観光・文化施設として公開されています(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園囃子のない京都 ②三尾

本日の宿は、Mさんに予約して頂いた高雄の「もみぢ家本館」です(令和2年7月中旬、京都市)。 夕食は清滝川の河畔に設けられた川床へ。 河鹿蛙と蜩の声を聞きながら、すき焼き料理と舞妓さんの舞を堪能しました(*^o^*) 翌日は、三尾(さんび)の古刹巡り。 まずは、栂尾の高山寺へ。 宿の方が門前まで車で送って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

疾風!秋の信州 ⑤木曽路 奈良井宿

白骨温泉で迎えた朝は、台風一過の秋晴れでした(令和元年10月中旬)。 しかし、新幹線車両基地が水没するなど、長野県内の被害は惨憺たる有様……。 当日は上高地散策を予定していましたが、当然のごとく諦めます。 松本駅からの公共交通機関(鉄道、高速バス)は全て運休しているため、(塩尻駅で乗り捨て予定の)レンタカーを東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の雲見紀行 ①明治商家中瀬邸と千貫門

夏の盛り、「だけん五大老会」のMさん、Nさんと、西伊豆・雲見温泉へ一泊温泉旅行に出掛けました(令和元年8月上旬)。 Mさんは、南伊豆・神子元でハンマーヘッドシャーク・ダイビングをされた後の現地合流となりますので、東京からはNさんと二人、マイカーで出発です。 沼津、修善寺、土肥を経由し、最初の目的地、松崎の明治商家中瀬邸に到着です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたたびの壱岐へ ④名護屋城跡と旧高取邸

武雄温泉からレンタカーで北上し、秀吉が朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の際に拠点とした肥前名護屋を目指します(令和元年7月上旬、佐賀県唐津市)。 橙は平成23年(2011年)の年末以来、8年ぶり2度目の訪問です。 無料駐車場に車を駐め、まずは予習を兼ねて佐賀県立名護屋城博物館へ(月休・年末休、入館無料) 前回訪問した際には年末休館(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたたびの壱岐へ ③武雄温泉「殿様湯」「春慶屋」「楼門干支見学会」

有田から武雄温泉へ疾走する午後三時のレンタカー。 助手席のビジュアル系ベーシストT君は既に寝落ち状態です……(令和元年7月上旬)。 本日の宿は、武雄温泉楼門前の老舗旅館「ホテル春慶屋」です(佐賀県武雄市)。 (武雄温泉楼門 国重文 辰野金吾作) (「春慶屋」の外観) チェックインし、いつもなら宿の浴場へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたたびの壱岐へ ②有田焼の町

有田に着いたのはお昼時(令和元年7月上旬、佐賀県有田町)。 ビジュアル系ベーシストのT君が有田名物の焼きカレーを食べたいというので、アリタセラ(有田焼卸団地)内にある「創ギャラリーおおた」へ。 焼きカレーは熱々濃厚で美味しかったけれど、観光地価格?が玉に瑕。 カレー屋さんの隣のスペースには、こんなものも。 (有田焼の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南総早春賦 ①勝浦へ

アクアラインを快走し、春まだ浅い南総へ(令和2年1月中旬)。 市原鶴舞ICで降り、大多喜街道(R297)から一つ支線を走ると、鳳来寺観音堂が現れます(千葉県市原市、国重文)。 冬空に凜とそびえています。 すぐ近く(R297沿い)には、西願寺阿弥陀堂があります(千葉県市原市、国重文)。 室町後期(明応4年・1495…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の裏磐梯・猪苗代 ④福島県迎賓館(旧高松宮翁島別邸)

天鏡閣でのティータイム後は、約500m離れた福島県迎賓館(旧高松宮翁島別邸)へ(令和元年11月上旬、福島県猪苗代町)。 車でも徒歩でも移動可能です。 福島県迎賓館は、有栖川宮家の祭祀を承継した高松宮宣仁(のぶひと)親王殿下が、有栖川宮威仁(たけひと)親王妃慰子(やすこ)殿下の保養のために、大正11年(1922年)に建設し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の裏磐梯・猪苗代 ③天鏡閣

本日は午前10時から、天鏡閣と福島県迎賓館の特別公開(令和元年11月上旬、福島県猪苗代町)。 同宿のMさんと、中ノ沢温泉「万葉亭」を午前9時過ぎには出立しました。 途中、時間を潰すため立ち寄った猪苗代湖畔は、野鳥たちの楽園状態w 駐車場(無料)に車を駐め、坂道を少し登ると、天鏡閣の表門に到着です(年中無休、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音羽の鳩山会館 秋薔薇とステンドグラス

秋薔薇の季節に、文京区音羽の丘に立つ鳩山会館を訪れました(令和元年10月下旬、東京都文京区)。 東京メトロ有楽町線・護国寺駅から徒歩8分。 音羽通りに面した正面入口から急坂を登ると、鳩山会館に到着です(月休、1・2・8月休、600円、無料駐車場2台分あり)。 鳩山会館は、大正13年(1924年)、後に首相となった鳩山一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時に上州の秘湯へ ③前橋の迎賓館 臨江閣

たんげ温泉からの帰途は、赤城山でレンゲツツジを愛でる計画でしたが、全山が雲にすっぽり覆われています…… それならばと、前橋公園に隣接する臨江閣を訪れました(令和元年6月中旬、前橋市、月休・年末年始休、入館料無料)。 臨江閣は、本館、別館、茶室の3棟で構成されています(いずれも平成30年に国重文指定)。 まず、本館が、明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青梅の迎賓館 津雲邸と日向和田臨川庭園

裂石温泉「雲峰荘」からの帰途、青梅の津雲邸とその別邸庭園であった日向和田(ひなたわだ)臨川庭園を訪れました(令和元年5月中旬、東京都青梅市)。 (写真は、津雲邸2階「大広間」にある鳳凰の透かし彫り) 奥多摩方面(R411)から入りましたので、まず日向和田臨川庭園へ(入園無料、月休)。 青梅選出の元衆院議員・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風林火山の旗 裂石温泉「雲峰荘」

山梨県内での本業を終え、秘湯の宿で一泊しました。 本日の宿は、大菩薩峠の麓にある裂石(さけいし)温泉「雲峰荘」です(令和元年5月中旬、山梨県甲州市、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は「雲峰荘」の露天風呂) 宿に入る前に、すぐ近くの名刹・裂石山 雲峰寺へ立ち寄ります(境内自由、宝物殿300円、月休)。 何やら宿と名称が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋沢栄一ゆかりの誠之堂・清風亭

鹿沢温泉からの帰途、ふと思い立って、深谷市の誠之堂・清風亭(せいしどう・せいふうてい)に立ち寄りました。 新一万円札の肖像となった渋沢栄一ゆかりのスポットです(平成31年4月下旬、埼玉県深谷市)。 (写真は、清風亭のベランダのアーチ。奥に見える建物が誠之堂。) 誠之堂・清風亭は、もともと東京都世田谷区瀬田にあった旧第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ①朝熊山と二見浦

毎年恒例となった両親との2泊旅行。 今年は、両親が訪れたことがないという志摩を周遊します(平成31年3月下旬)。 (写真は、国重文の金剛證寺本堂。安土桃山期の建物で、池田輝政の建立です。) 名古屋でのぞみ号から近鉄特急に乗換え、宇治山田駅で下車。 レンタカーで、伊勢志摩スカイラインを上り、まずは朝熊(あさま)山頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤村記念館(旧睦沢学校校舎)

出張の度に、気になっていた建物があります。 甲府駅北口の藤村記念館(旧睦沢学校校舎、国重文)です(平成31年3月中旬、甲府市)。 山梨県を代表する擬洋風建築の建物(明治前期)で、平成22年、再開発なった甲府駅北口に移築されてきました。 「ふじむら」記念館と読みます。 尊攘志士上がりの山梨県知事で、県内に擬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の旧前田侯爵邸

横浜での本業からの帰り道、旧前田家本邸(旧前田侯爵邸)に立ち寄りました(平成31年4月上旬、東京都目黒区)。 (写真は、洋館1階「小客室」の窓から望む駒場公園の桜) 旧前田家本邸は、旧加賀藩主前田家(前田侯爵家)の居宅として、昭和初期に建設されました(国重文)。 現在は、桜の名所・駒場公園の中にあり、洋館と和館が残され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ⑥旧三井家下鴨別邸

龍吟庵を後に、鳥羽街道駅から京阪電車で出町柳駅へ(平成30年11月下旬、京都市左京区)。 高野川に架かる橋を渡り、徒歩数分。下鴨神社の鳥居が見えてくると、そこに旧三井家下鴨別邸があります(国重文、入館料410円、水休・年末休)。 通常非公開の2階が特別公開されていました。 (写真は、2階から眺めた苔庭と飛び石)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ④前山寺「未完成の完成の塔」

(写真は、「未完成の完成の塔」こと重文・前山寺三重塔) 別所温泉を後に、霊峰・独鈷山(とっこさん)麓の古刹を巡ります(平成30年11月中旬、長野県上田市)。 まずは、中禅寺へ(拝観料200円)。 中禅寺薬師堂は鎌倉初期建立の宝形造りの建物(国重文)。 堂内には定朝様の薬師如来座像(国重文・平安末期)が祀ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ③国宝・安楽寺八角三重塔

田沢温泉から車で約15分、別所温泉の温泉街に到着です(平成30年11月中旬、長野県上田市)。 まずは、温泉街の一番奥にある安楽寺へ。 この寺には、我が国唯一の八角三重塔があります(国宝、拝観料300円)。 鎌倉末期(1290年頃)の建立で、我が国最古の禅宗様建築。 屋根は柿(こけら)葺き。 一見、四重塔にも見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more