テーマ:寺社

冬の蓼科 ③仏法紹隆寺

茅野駅からタクシーで約10分、仏法紹隆寺に到着です(令和4年2月上旬、長野県諏訪市、月休、拝観料500円)。 仏法紹隆寺は、諏訪大社上社神宮寺の流れを組み、神仏習合の名残を体感できる寺院。 宝物館内を除き、仏像等の写真撮影も可能です。 拝観受付を済ませ、まずは普賢堂へ。 堂内内陣には、ライトアップされた普賢菩薩騎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登半島一周 ②勝興寺

勝興寺は浄土真宗本願寺派の寺院(令和3年11月上旬、富山県高岡市)。 その堂舎群12棟は、平成7年、国重文に指定。 平成10年から令和2年まで23年間の大修理を終えて、江戸期の壮麗な伽藍が甦りました(年末年始休、拝観料500円・市内他施設との共通割引あり、無料駐車場あり)。 まずは、城郭を思わせる望楼形式の鼓楼(国重文)を。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はいからさんが沼田を通る 旧土岐家住宅洋館

毎年恒例の夏バテ解消のため、上州の秘湯を訪ねました(令和3年8月下旬)。 在来線を乗り継いで、沼田駅で下車(群馬県沼田市)。 駅前でレンタカーを借り、沼田の中心市街地を軽く観光します。 まずは正覚寺へ(境内自由)。 小松姫(大蓮院殿。本多忠勝の娘にして真田信幸夫人)の墓に参拝しました。 続いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 秋海棠の頃 ⑤真如堂と渉成園(枳殻邸)

錦林車庫前バス停から案内表示に従って坂道を登ると、真如堂(真正極楽寺)に到着です(令和3年9月中旬、京都市左京区、境内自由)。 (国重文の本堂と萩の花) 「紅葉の真如堂」として著名ですが…… 早くも色づき始めている!? 本堂の仏間から先は有料拝観エリア(拝観料500円)。 趣の異なる二つの枯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 秋海棠の頃 ④銀閣寺と白沙村荘

3日目(最終日)は銀閣寺界隈を巡ります(令和3年9月中旬、京都市左京区)。 銀閣寺前バス停で下車し、まずは銀閣寺(慈照寺)へ(世界遺産、国特別史跡・特別名勝、拝観料500円)。 ずいぶん久しぶりの訪問です。 以下、拝観ルートに従って。 銀沙灘、向月台と銀閣(観音殿・国宝) 錦鏡池からの銀閣 洗月泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 秋海棠の頃 ③大原

2日目は大原散策です(令和3年9月中旬、京都市左京区)。 大原バス停から呂川(りょせん)沿いの坂道を上ります。 この道沿いにも、そこかしこに秋海棠が咲いていました。 三千院に到着です(拝観料700円、無休)。 まずは、客殿の聚碧園(しゅうへきえん)を鑑賞。 伝・金森宗和作の池泉鑑賞式庭園。 緑の庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 秋海棠の頃 ②貴船神社と「ふじや」の川床

本日宿泊する「ふじや」さんに貴船口バス停まで迎えに来ていただき、宿に荷物を預け、貴船神社の本宮・結社・奥宮を巡りました(令和3年9月中旬、京都市左京区)。 まずは、本宮へ。 参道の石段沿いには、可憐な秋海棠の花が。 まるでピンクのドロップのよう(*^o^*) 参拝後、「水占(みずうら)みくじ」を引いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 秋海棠の頃 ①妙満寺と圓通寺

秋海棠の咲く頃、京都を訪れました(令和3年9月中旬)。 新型コロナワクチンは2回接種済みです。 地下鉄烏丸線・国際会館駅から京都バスに乗車して幡枝(妙満寺)バス停下車。 妙満寺は直ぐそこです(京都市左京区、拝観料500円)。 昭和43年に寺町二条から岩倉幡枝(はたえだ)の地に移転してきた妙満寺。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洛中の名庭 ③相国寺開山堂「龍淵水の庭」

旅の最後に、「春の特別拝観」開催中の相国寺を訪ねました(令和3年5月上旬、京都市上京区、拝観料800円)。 堂内は撮影禁止ですが、庭園の撮影は可能です。 拝観受付を済まし、まずは法堂へ。 「蟠龍図」(伝狩野光信作)の下で鳴龍体験(楽しい)! 続いて方丈へ。 「方丈裏庭園」は立体感があり、なかなかの見ごたえです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洛中の名庭 ②妙顕寺「四海唱導の庭」

妙覺寺の次は、すぐ南に位置する妙顕寺へ(令和3年5月上旬、京都市上京区、拝観料500円)。 堀川寺ノ内周辺には、似通った名称の日蓮宗本山寺院が集中していますが(妙蓮寺、妙覺寺、妙顕寺。秀吉の都市計画による移転のため。)、実際に訪問してからは区別が付くようになりましたw 妙顕寺には四つの庭園があります。 その中でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洛中の名庭 ①妙覺寺「法姿園」

「風薫る若狭へ」の続きです。 最終日(3日目)は、バス一日券(600円)を駆使して、京都市上京区内の3つの寺院(妙覺寺・妙顕寺・相国寺)を巡ります(令和3年5月上旬)。 まずは、天神公園前バス停から徒歩約5分の妙覺寺へ。 5月1日からの「新緑特別拝観 青もみじ 信長と妙覚寺」にて、庭園「法姿園」が特別公開されていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る若狭へ ④蘇洞門めぐりと旧秀隣寺庭園

古寺巡礼の後は、小浜市中心部の「若狭フィッシャーマンズワーフ」から蘇洞門めぐり遊覧船に乗船します(令和3年4月下旬、福井県小浜市、国名勝、料金2000円、公式HPに10%割引券あり※訪問当時の情報です。)。 「蘇洞門(そとも)」の語源としては、若狭湾の外側=「外面」、半島の背面=「背面」など諸説あるとか……(公式パンフより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る若狭へ ③小浜の古刹 萬徳寺と明通寺

若狭国小浜は、かつては奈良の外港(日本海側)で「海のある奈良」と呼ばれました。 中世までは東大寺の大荘園(太良庄)が存続し、その名残が東大寺二月堂と水脈で繋がっているという「お水送り」の行事(鵜の瀬)です。 古刹も多数(明通寺、羽賀寺、神宮寺、萬徳寺等)。過去2回の訪問で一通りは巡礼しました。 前置きが長くなりましたが、今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る若狭へ ①青岸寺、龍潭寺とお浜御殿

GW前半、新緑を求めて、湖北から若狭、洛中の庭園を訪ねました(令和3年4月下旬)。 初日は雨の一日です。 米原駅からレンタカーで、まずは駅近くの青岸寺へ(滋賀県米原市、火休・第4月休、拝観料300円)。 国名勝庭園は新緑に輝いていました。 本来は枯山水庭園なのですが、雨降り後は池泉庭園に変貌します。 そのた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京に桜のなかりせば ②嵯峨野トロッコ列車、天龍寺と妙蓮寺

本日の宿は、湯ノ花温泉「松園荘保津川亭」です(令和3年3月下旬、京都府亀岡市)。 新型コロナ対策は万全(手指消毒・検温・食事半個室等)。 泉質は単純弱放射能泉。 男性湯だけで内湯1・露天2を備え、よく温まる湯でした。 翌朝(二日目の朝)はトロッコ亀岡駅まで送迎していただき、嵯峨野トロッコ列車の一番列車に乗車(運賃(指定料金込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京に桜のなかりせば ①大原野

緊急事態宣言(第2次)が解除されましたので、桜を求めて春の京へ(令和3年3月下旬)。 今年の桜は全国的に2週間程早く、期待が高まります。 京都駅八条口からレンタカーで、まずは大原野の正法寺へ(京都市西京区、拝観料300円、無料駐車場あり)。 入口・極楽橋付近の桜は花盛り(*^o^*) 遍照塔周辺の桜も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉街道【岡山編】③宝福寺

二日目の朝(令和2年11月中旬)。 本日最初の目的地・宝福寺を訪れました(岡山県総社市、境内自由、駐車料無料)。 境内は紅葉で赤く染まっていました(*^o^*) 均整のとれた美しい三重塔(国重文)です。 修行時代の雪舟が涙で鼠の絵を描いたというエピソードも伝わっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉街道【岡山編】②鬼ノ城跡と備中国分寺

鬼ノ城(きのじょう)跡は鬼城山にそびえる古代山城です(令和2年11月中旬、岡山県総社市、国史跡、日本100名城)。 岡山総社ICから車で約15分、無料駐車場とトイレのある「鬼城山ビジターセンター」(月休・年末年始休、無料)に到着。 ここからは徒歩での登城となります。 (学習広場から望む西門と城壁) (西門) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本佐倉城跡

真冬の休日、マスク着用で東京近郊の城跡を訪ねました(令和3年2月中旬)。 戦国期の千葉氏の居城・本佐倉(もとさくら)城跡です(国史跡、続日本100名城、千葉県酒々井町・佐倉市)。 最寄りの大佐倉駅までは京成特急で約1時間。 京成線の駅では最も乗降客数が少ないそうで、歩き出すとすぐに広大な田園風景が広がります。 まずは、駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園囃子のない京都 ③坂本の寺社と庭園

本日の京都も暑い。予想最高気温は34℃…… 琵琶湖畔なら多少は涼しいでしょう、とMさんを説得し、近江坂本の寺社と庭園を巡ることにしました(令和2年7月中旬、大津市)。 烏丸御池駅から地下鉄東西線→京阪石山坂本線と乗り継ぎ、坂本比叡山口駅(最近改称)に到着。 駅前から坂を登り、まずは延暦寺里坊の一つ旧竹林院を訪問します(入園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園囃子のない京都 ②三尾

本日の宿は、Mさんに予約して頂いた高雄の「もみぢ家本館」です(令和2年7月中旬、京都市)。 夕食は清滝川の河畔に設けられた川床へ。 河鹿蛙と蜩の声を聞きながら、すき焼き料理と舞妓さんの舞を堪能しました(*^o^*) 翌日は、三尾(さんび)の古刹巡り。 まずは、栂尾の高山寺へ。 宿の方が門前まで車で送って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

祇園囃子のない京都 ①仙洞御所と廬山寺の桔梗

だけん五大老会(まだ仮称)のMさんと夏の京都を訪れました(令和2年7月中旬、京都市)。 午前11時、仙洞御所に現地集合です(参観要予約※ネット予約可、無料)。 当日の京都は雨模様…… 例年なら、祇園祭の山鉾巡行の日に当たります。 どこを切り「撮」っても絵になる仙洞御所。 橙は18年ぶり2度目の訪問で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾風!秋の信州 ①戸隠奥社

毎年恒例となった司法修習同期2泊3日の温泉旅行。今年はI先生・T先生と2年ぶりに秋の信州へ。 I先生はお仕事の都合上、初日の宿で合流予定です(令和元年10月中旬、長野市)。 北陸新幹線を長野駅で降り、T先生とレンタカーで出発。 まずは、鬼無里(きなさ)の松巌寺へ。 ここには、鬼女紅葉(もみじ)の墓があります。 (松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりの上田 ①上田城跡と赤松小三郎の墓

夏バテ気味なので、ぬるい温泉に浸かりたく、信州上田へ向かいました。 運転すら億劫なので、往復とも北陸新幹線の利用です(令和元年9月上旬)。 上田駅(※荷物はコインロッカーへ)から、まちなか循環バス「ぐるっと上田丸号」に乗車して上田城跡へ。 実に30数年ぶりの訪問です(長野県上田市、国史跡、日本100名城)。 (「ぐる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の雲見紀行 ③かんなみ仏の里美術館とMOA美術館

雲見温泉の朝は夏晴れで明けました。本日も暑くなりそうです(令和元年8月上旬、静岡県松崎町)。 (雲見港 牛着岩) 朝食後、雲見で(二日連続の)ダイビングをされるMさんと別れ、Nさんと宿を発ちます。 (昨日の千貫門のような)「脚の痛くなる場所には行かない」が約束事ですw まずは、近くの石部(いしぶ)の棚田へ。 棚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたたびの壱岐へ ②有田焼の町

有田に着いたのはお昼時(令和元年7月上旬、佐賀県有田町)。 ビジュアル系ベーシストのT君が有田名物の焼きカレーを食べたいというので、アリタセラ(有田焼卸団地)内にある「創ギャラリーおおた」へ。 焼きカレーは熱々濃厚で美味しかったけれど、観光地価格?が玉に瑕。 カレー屋さんの隣のスペースには、こんなものも。 (有田焼の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春の建仁寺

令和2年最初の本業は、顧問先様の案件で京都出張(令和2年1月上旬、京都市)。 指定された集合時間より少し早めに上洛して、建仁寺に初詣です。 まずは、新春特別公開中の両足院へ(拝観料600円)。 通常は非公開、例年6月下旬の半夏生(はんげしょう)の季節にのみ公開される塔頭です。 比較的新しい襖絵も展示されていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風林火山の旗 裂石温泉「雲峰荘」

山梨県内での本業を終え、秘湯の宿で一泊しました。 本日の宿は、大菩薩峠の麓にある裂石(さけいし)温泉「雲峰荘」です(令和元年5月中旬、山梨県甲州市、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は「雲峰荘」の露天風呂) 宿に入る前に、すぐ近くの名刹・裂石山 雲峰寺へ立ち寄ります(境内自由、宝物殿300円、月休)。 何やら宿と名称が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ②青蓮院の霧島ツツジ

市バス「京都岡崎ループ」を青蓮院前バス停で下車。 青蓮院は目の前です(平成31年4月下旬、京都市)。 青蓮院は霧島ツツジの名所(拝観料500円)。 天授庵では咲き始めでしたので、あまり期待していなかったのですが…… 「相阿弥の庭」の霧島ツツジは見頃を迎えていました(*^_^*) 華頂殿(客殿)の座敷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ①南禅寺天授庵

新緑の京都を訪れました。 昼前には本業が終了したので、夕刻まで岡崎界隈の庭園を巡ります(平成31年4月下旬、京都市)。 地下鉄東西線・蹴上駅で下車し、琵琶湖疎水のトンネルをくぐると、明らかに空気が変わります。 ここはもう南禅寺の境内。 塔頭の天授庵を訪れました(拝観料400円)。 拝観受付を済ませると、書院(※非公開)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more