テーマ:寺社

風林火山の旗 裂石温泉「雲峰荘」

山梨県内での本業を終え、秘湯の宿で一泊しました。 本日の宿は、大菩薩峠の麓にある裂石(さけいし)温泉「雲峰荘」です(令和元年5月中旬、山梨県甲州市、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は「雲峰荘」の露天風呂) 宿に入る前に、すぐ近くの名刹・裂石山 雲峰寺へ立ち寄ります(境内自由、宝物殿300円、月休)。 何やら宿と名称が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ②青蓮院の霧島ツツジ

市バス「京都岡崎ループ」を青蓮院前バス停で下車。 青蓮院は目の前です(平成31年4月下旬、京都市)。 青蓮院は霧島ツツジの名所(拝観料500円)。 天授庵では咲き始めでしたので、あまり期待していなかったのですが…… 「相阿弥の庭」の霧島ツツジは見頃を迎えていました(*^_^*) 華頂殿(客殿)の座敷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ①南禅寺天授庵

新緑の京都を訪れました。 昼前には本業が終了したので、夕刻まで岡崎界隈の庭園を巡ります(平成31年4月下旬、京都市)。 地下鉄東西線・蹴上駅で下車し、琵琶湖疎水のトンネルをくぐると、明らかに空気が変わります。 ここはもう南禅寺の境内。 塔頭の天授庵を訪れました(拝観料400円)。 拝観受付を済ませると、書院(※非公開)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ⑤鳥羽城跡と常安寺

志摩二泊旅行最終日(三日目)の続きです(平成31年3月下旬、三重県鳥羽市)。 答志島での滞在時間は約1時間15分。 帰路は急ぎ足となり、和具港を正午過ぎに出る鳥羽行き市営定期船に何とか間に合いました。 帰路は、佐田浜港の一つ先・中之郷港(伊勢湾フェリー乗り場と鳥羽水族館の近く)で下船。 国道と近鉄鳥羽線の線路を渡って5分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ①朝熊山と二見浦

毎年恒例となった両親との二泊旅行。 今年は、両親が訪れたことがないという志摩を周遊します(平成31年3月下旬)。 (写真は、国重文の金剛證寺本堂。安土桃山期の建物で、池田輝政の建立です。) 名古屋でのぞみ号から近鉄特急に乗換え、宇治山田駅で下車。 レンタカーで、伊勢志摩スカイラインを上り、まずは朝熊(あさま)山頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ⑤龍吟庵

早起きして、京都の紅葉を楽しみます(平成30年11月下旬、京都市)。 清水五条駅から京阪電車で鳥羽街道駅へ。 特別公開中の東福寺塔頭・龍吟庵(りょうぎんあん)を拝観します(拝観料500円)。 なお、龍吟庵を含む東福寺中心伽藍周辺へは、東福寺駅よりも鳥羽街道駅の方が距離的に近く、人も少なめなのでお勧めです。 龍吟庵は春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ④教林坊

観音寺山の南麓、安土城跡からもほど近い場所に、紅葉の美しい隠れ寺があります。 教林坊です(平成30年11月下旬、滋賀県近江八幡市、拝観料700円)。 こじんまりと佇むお寺ですが、とにかく苔と紅葉が美しい庭園です。 伝・小堀遠州作だとか。 広く知られるようになったのは、ここ数年。 時代劇でもしばしば目にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ③百済寺

湖東三山最後の寺は、百済寺(ひゃくさいじ)です(平成30年11月下旬、滋賀県東近江市、拝観料600円、駐車料無料)。 (写真は、本坊・喜見院の池泉回遊式庭園) 百済寺は、聖徳太子により創建されたと伝わる古刹です。 その名称から、渡来人ゆかりの寺であることが推察されます。 しかし、織田信長に抗した六角氏に味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ②金剛輪寺

湖東三山紅葉狩りの2ヶ寺目は、金剛輪寺です(平成30年11月下旬、滋賀県愛荘町、拝観料600円、駐車料無料)。 まずは、本坊・明寿院庭園(国名勝)へ。 カエデやヤマモミジ(「血染めのモミジ」)、それにドウダンツツジも紅葉まっ盛りでした。 金剛輪寺でも秋の桜が、紅葉と競演w。 本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山と京の紅葉 ①西明寺

平成最後の紅葉狩りは、近江と京都の一泊旅行となりました(平成30年11月下旬)。 初日は、米原駅からレンタカーで湖東三山と教林坊の4ヶ寺を巡ります。 まずは、西明寺へ(滋賀県甲良町、拝観料600円、駐車料無料)。 (写真は、国宝・本堂から望む国宝・三重塔) 紅葉は最盛期。最高の時期に訪れました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ④前山寺「未完成の完成の塔」

(写真は、「未完成の完成の塔」こと重文・前山寺三重塔) 別所温泉を後に、霊峰・独鈷山(とっこさん)麓の古刹を巡ります(平成30年11月中旬、長野県上田市)。 まずは、中禅寺へ(拝観料200円)。 中禅寺薬師堂は鎌倉初期建立の宝形造りの建物(国重文)。 堂内には定朝様の薬師如来座像(国重文・平安末期)が祀ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ③国宝・安楽寺八角三重塔

田沢温泉から車で約15分、別所温泉の温泉街に到着です(平成30年11月中旬、長野県上田市)。 まずは、温泉街の一番奥にある安楽寺へ。 この寺には、我が国唯一の八角三重塔があります(国宝、拝観料300円)。 鎌倉末期(1290年頃)の建立で、我が国最古の禅宗様建築。 屋根は柿(こけら)葺き。 一見、四重塔にも見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ①国宝・大法寺三重塔

10月下旬から二週間以上休みが取れず、疲労困憊しました。 信州の温泉へ行ってきます(平成30年11月中旬)。 (写真は、紅葉に染まる大法寺三重塔) 上信越道を上田菅平ICで降り、まずは室賀の前松寺へ(長野県上田市)。 前松寺は、平成28年大河ドラマ「真田丸」で西村雅彦さんが怪演した室賀正武の菩提寺。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の蔵王連峰 ③青根温泉「湯元不忘閣」

本日の宿は、青根温泉「湯元不忘閣」です(平成30年10月中旬、宮城県川崎町、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は、無料貸切風呂「蔵湯」) (写真は、夜の「蔵湯」へ続く道) 伊達の御殿湯「湯元不忘閣」にお世話になるのも3回目(3年ぶり。よろしければ、拙ブログ「伊達の御殿湯 青根温泉『湯元不忘閣』もご参照下さい。ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢から郡上八幡へ ⑥雨の郡上八幡 慈恩寺庭園

最終日・3日目は、終日雨でした。 濃飛横断道路(一部開通)経由で、城下町・郡上八幡を目指します(平成30年4月下旬、岐阜県郡上市) 。 約1時間で郡上八幡に到着。 まずは、慈恩寺へ(拝観料500円)。 橙は、約25年前の夏に、学生時代の友人と訪れて以来の拝観です。 父は、何で雨の日に寺に来るんだ、と文句を言っていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壱岐の国紀行 ⑤少弐公園

壱岐3日目。本日はJ先生(とお弟子さんのK先生)のチャリティ舞踊公演の日です(平成30年6月中旬、長崎県壱岐市)。 もっとも、公演は午後1時から。 それまでは自由行動ですので、橙は昨日のドライブで行きそびれた少弐公園を訪れることにしました。 チャリティ会場(芦辺港付近)にも近く、ホテル前のバス停から直通の路線バスが出ていたから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壱岐の国紀行 ③小島神社・左京鼻・はらほげ地蔵・文永の役千人塚

壱岐一周ドライブの続きです(平成30年6月中旬、長崎県壱岐市)。 一支国博物館を出発した一行は、小島神社を目指します。 昨夜訪れた「三益寿司」の女将さんから是非にと奨められ、一行のIさんからも強いリクエストのあった絶景スポットが…… こちらです! 干潮時には鳥居までの道が出現し、徒渉できることから、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城下町人吉 ①人吉城跡

橙の知人にビジュアル系ロックシンガーのT君がいます。 そのT君が作詞作曲のインスピレーションを得るべく、人吉に行きたいと言うので、橙も同行することになりました(平成30年3月中旬、熊本県人吉市)。 (写真は、人吉城跡の「武者返し」。石垣上部に設置された、はね出し石垣のことで、人吉城の代表的景観です。) 鹿児島空港からレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下諏訪温泉「ぎん月」

本業で甲信方面に出張のため、下諏訪温泉に前泊しました(平成30年2月下旬、長野県下諏訪町)。 お世話になった宿は、「ぎん月」さん。数年ぶりの再訪です。 (写真は「ぎん月」の貸切露天風呂・男性用。「綿の湯」の源泉掛け流しです。) 下諏訪は、諏訪大社下社(春宮と秋宮)の門前町であるとともに、中山道と甲州街道の合流点であった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

石見銀山への道 ⑤益田の雪舟庭園(医光寺・万福寺)

津和野から益田へ、R9を北上します(平成29年11月中旬、島根県益田市)。 益田は、中世、石見の有力国衆・益田氏が支配した地です。 応仁の乱が終結した年の翌年(文明10年=1478年)、一人の禅僧が益田氏の許を訪れます。その禅僧の名は、雪舟。 雪舟は、益田の二つの寺(医光寺と万福寺)に庭園を遺しました。 まずは、医光寺へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ④津和野城跡と永明寺

堀庭園を後に津和野城跡へ向かいます(平成29年11月中旬、島根県津和野町)。 津和野城跡(国史跡・日本百名城)へは、山麓の駐車場(無料)から観光リフトを利用します(往復400円。30年前にも乗った記憶がありますが、その頃と変わらず稼働していることに驚きました。)。 リフトの終点から城跡までは、尾根道を歩くこと約15分。 ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ②瑠璃光寺五重塔と常栄寺庭園

龍福寺(大内氏館跡)から香山公園までは、車ですぐの距離です(山口市、平成29年11月中旬)。 駐車場は香山公園の南北にあり、いずれも無料です。 まずは、国宝の瑠璃光寺五重塔を拝観(無料)。 室町期・応永の乱で戦死した大内義弘を弔うために、弟の盛見が建立したと伝わります。 三度目の訪問になりますが、和様を基調とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ①大内氏遺跡(凌雲寺跡・龍福寺)

平成29年の紅葉の季節に、山口から津和野、石見銀山を経て奥出雲まで、3泊4日の旅をしました(平成29年11月中旬)。 山口宇部空港に降り立ち、レンタカーを調達して、まずは凌雲寺跡へ。 大内氏の最盛期を築いた大内義興の菩提寺です(山口市、国史跡)。 (写真は、凌雲寺跡の石塁から南方を望んだもの。) 凌雲寺跡は山口市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北信州の秋 ③小布施の北斎館と岩松院

2日目の朝。 七味温泉から松川渓谷を下って、小布施の街へ向かいます(平成29年10月下旬、長野県小布施町)。 小布施は約30年ぶりの訪問です。 比較的空いている東町駐車場(3時間100円)に車を駐め、隣接する北斎館へ(高井鴻山記念館・小布施ミュージアムとの三館共通入場券1300円、三館とも12月31日休)。 同期のT先生のリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十月の京都東山 ②東福寺の名庭巡り

京都2日目の朝。 仮称「五大老会」のメンバーは、各自の目的地へ散ってゆきます(平成29年10月中旬)。 橙は、三条から京阪電車に乗って、東福寺を訪れました。 紅葉で有名な東福寺ですが、数多くの美しい庭園のあるお寺でもあります。 まずは、方丈庭園へ(拝観料400円)。 方丈の東西南北に4つの庭(いずれも重森三玲作の昭和の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十月の京都東山 ①御寺 泉涌寺

歴史好きの5人(仮称「五大老会」)で、10月の京都を訪れました(平成29年10月中旬)。 京都駅八条口から、タクシーで泉涌寺へ(入山料500円)。 途中までバスでも行けますが、バス停から長大な坂道を登る必要があるので、数人でしたらタクシーがお奨めです。 泉涌寺は、江戸期を中心に皇室の崇拝を受け、孝明天皇までの歴代の御陵も存在す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二俣尾の海禅寺

塩船観音寺を出た頃はお昼時。お腹が空いてきました(平成29年9月下旬、東京都青梅市)。 暑い一日でしたので、昼食は蕎麦と決めていましたが、当てにしていたお店の駐車場は満車……。 蕎麦屋を求めて周辺を流しているうちに、「手打ち十割蕎麦」の看板を見つけ、普通車がギリギリ通れるクランクを進むと現れたのが、「手打ちそば 梅ノ内(めのうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩船観音寺のヒガンバナ

巾着田のある埼玉県日高市から東京都青梅市までは、車で約20分。 ここでの本業(物件調査)をサクリとこなし、塩船観音寺を訪れました(平成29年9月下旬、東京都青梅市)。 (写真は、国重文の阿弥陀堂と参道に咲くヒガンバナ) この寺は、1300年以上前に開山されたと伝わる青梅市きっての古刹。 花の寺としても有名で、秋の彼岸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水元公園の花菖蒲

GW以降、伊予などで撮りためた写真のアップが追いついていないのですが……。 カラッと晴れた土曜日。 水元公園の花菖蒲が見頃を迎えましたので、先にアップします(平成29年6月上旬、東京都葛飾区)。 水元公園の花菖蒲は、約100種・14,000株。 都内最大の花菖蒲園です。 白い花菖蒲は特に涼しげ。背後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古都の春'17 ④室生寺

三日目・最終日です(平成29年4月上旬、奈良県宇陀市)。 近鉄大阪線・室生口大野駅で下車し、しだれ桜の名所・大野寺へ歩きましたが……。 完全に蕾でした(´д`)。 門前に立つ桜祭りの幟も、哀しげに揺れています。 奈良交通バスに乗車して、室生寺へ。 三度目の訪問です(入山料600円)。 室生寺は「女人高野」(にょに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more