テーマ:

祇園囃子のない京都 ①仙洞御所と廬山寺の桔梗

だけん五大老会(まだ仮称)のMさんと夏の京都を訪れました(令和2年7月中旬、京都市)。 午前11時、仙洞御所に現地集合です(参観要予約※ネット予約可、無料)。 当日の京都は雨模様…… 例年なら、祇園祭の山鉾巡行の日に当たります。 どこを切り「撮」っても絵になる仙洞御所。 橙は18年ぶり2度目の訪問で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨塩鉱泉「嵯峨塩館」

緊急事態宣言&東京アラートの解除を受け、先延ばしとなっていた本業のため山梨県へ出張。 中距離ドライブも久しぶりでしたが、仕事を終えた帰り道、3か月ぶりの温泉を楽しむことにしました(令和2年6月中旬)。 本日の宿は、嵯峨塩(さがしお)鉱泉「嵯峨塩館」です(山梨県甲州市)。 (洗い場の前を源泉が流れる構造 手桶で源泉を掬っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の百草園

梅が見頃となったと聞き、百草園(もぐさえん、正式名称:京王百草園)を訪れました(令和2年2月下旬、東京都日野市)。 百草園駅近くのコインパーキングに車を駐め、胸突き八丁の急坂を登ること約10分、百草園の正門が現れます(入園料300円、水休、年末年始休、催事期間中は無休)。 園内の梅は約50種500本。 当日は7~8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南総早春賦 ②養老渓谷温泉「滝見苑」

本日の宿は、養老渓谷温泉「秘湯の宿 滝見苑」です(令和2年1月中旬、千葉県大多喜町)。 早速、大浴場へ。 (内湯の「化石風呂」) 泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉。 やや褐色がかった透明の湯です。 (露天風呂「長寿の湯」) 冷鉱泉なので加温している上、循環+塩素消毒しているので、正直期待してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南総早春賦 ①勝浦へ

アクアラインを快走し、春まだ浅い南総へ(令和2年1月中旬)。 市原鶴舞ICで降り、大多喜街道(R297)から一つ支線を走ると、鳳来寺観音堂が現れます(千葉県市原市、国重文)。 冬空に凜とそびえています。 すぐ近く(R297沿い)には、西願寺阿弥陀堂があります(千葉県市原市、国重文)。 室町後期(明応4年・1495…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音羽の鳩山会館 秋薔薇とステンドグラス

秋薔薇の季節に、文京区音羽の丘に立つ鳩山会館を訪れました(令和元年10月下旬、東京都文京区)。 東京メトロ有楽町線・護国寺駅から徒歩8分。 音羽通りに面した正面入口から急坂を登ると、鳩山会館に到着です(月休、1・2・8月休、600円、無料駐車場2台分あり)。 鳩山会館は、大正13年(1924年)、後に首相となった鳩山一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時に上州の秘湯へ ①赤堀花しょうぶ園の花菖蒲

疲労のたまる梅雨時に、上州の秘湯へドライブです(令和元年6月中旬)。 途中、花菖蒲を愛でたい……ということで、伊勢崎ICで高速を降り、赤堀花しょうぶ園を訪れました(群馬県伊勢崎市、駐車料500円)。 梅雨の晴れ間の青空に、約2万5000株の花菖蒲が映えます。 当日は7分咲きくらい。 見頃といってよいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋沢栄一ゆかりの誠之堂・清風亭

鹿沢温泉からの帰途、ふと思い立って、深谷市の誠之堂・清風亭(せいしどう・せいふうてい)に立ち寄りました。 新一万円札の肖像となった渋沢栄一ゆかりのスポットです(平成31年4月下旬、埼玉県深谷市)。 (写真は、清風亭のベランダのアーチ。奥に見える建物が誠之堂。) 誠之堂・清風亭は、もともと東京都世田谷区瀬田にあった旧第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ②青蓮院の霧島ツツジ

市バス「京都岡崎ループ」を青蓮院前バス停で下車。 青蓮院は目の前です(平成31年4月下旬、京都市)。 青蓮院は霧島ツツジの名所(拝観料500円)。 天授庵では咲き始めでしたので、あまり期待していなかったのですが…… 「相阿弥の庭」の霧島ツツジは見頃を迎えていました(*^_^*) 華頂殿(客殿)の座敷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の京都岡崎界隈 ①南禅寺天授庵

新緑の京都を訪れました。 昼前には本業が終了したので、夕刻まで岡崎界隈の庭園を巡ります(平成31年4月下旬、京都市)。 地下鉄東西線・蹴上駅で下車し、琵琶湖疎水のトンネルをくぐると、明らかに空気が変わります。 ここはもう南禅寺の境内。 塔頭の天授庵を訪れました(拝観料400円)。 拝観受付を済ませると、書院(※非公開)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の旧前田家本邸(旧前田侯爵邸)

横浜での本業からの帰り道、旧前田家本邸(旧前田侯爵邸)に立ち寄りました(平成31年4月上旬、東京都目黒区)。 (写真は、洋館1階「小客室」の窓から望む駒場公園の桜) 旧前田家本邸は、旧加賀藩主前田家(前田侯爵家)の居宅として、昭和初期に建設されました(国重文)。 現在は、桜の名所・駒場公園の中にあり、洋館と和館が残され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧白洲邸 武相荘

甲府一泊出張の帰り道、鶴川の旧白州邸 武相荘を訪れました(平成30年11月下旬、東京都町田市)。 武相荘は白洲次郎・正子夫妻の旧居。 現在は、ミュージアム兼レストランとなっています(月休、ミュージアム入館料1050円、駐車場無料)。 読みは「ぶあいそう」。立地(武蔵と相模の境)と無愛想とに掛けて名付けたようですw …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星と温泉と鉄鉱石の里 ③チャツボミゴケ公園

尻焼温泉から車で山中の細い道を縫うように走ると、30分ほどでチャツボミゴケ公園の駐車場に到着します(平成30年8月上旬、群馬県中之条町)。 受付で入園料を支払い、随時やってくる園内専用バスに乗り換えます(入園料500円、別途園内専用バス協力金100円)。 来園者の増加に伴い、上記のとおり最近システムが変わったようです。 園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

染谷花しょうぶ園 見頃の花菖蒲

例のとおり、未だアップできていない記事(4月下旬の金沢など)が多々あるのですが…… 染谷花しょうぶ園の花菖蒲が見頃を迎えましたので、先にアップします(平成30年6月上旬、さいたま市)。 染谷花しょうぶ園は、花菖蒲の季節の6月のみ開園する花菖蒲園(入園料500円、駐車料300円)。 ただ、今年はあらゆる花の開花が10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国営ひたち海浜公園 コキア編

再びやって来ました国営ひたち海浜公園(平成29年10月中旬、茨城県ひたちなか市、入園料410円)。 今回は、みはらしの丘を彩るコキアの紅葉とコスモスが目的です。 コキアの紅葉は、見頃でした。 それにしても、形からツツジのような植物を連想していましたが、内部は意外とスカスカで、箒の先端が寄り集まっているような植物でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩船観音寺のヒガンバナ

巾着田のある埼玉県日高市から東京都青梅市までは、車で約20分。 ここでの本業(物件調査)をサクリとこなし、塩船観音寺を訪れました(平成29年9月下旬、東京都青梅市)。 (写真は、国重文の阿弥陀堂と参道に咲くヒガンバナ) この寺は、1300年以上前に開山されたと伝わる青梅市きっての古刹。 花の寺としても有名で、秋の彼岸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巾着田 曼珠沙華公園のヒガンバナ

季節は秋の彼岸。 本業(青梅市での物件調査)のついでに、日本一と名高いヒガンバナの名所・巾着田の曼珠沙華公園を訪れました(平成29年9月下旬、埼玉県日高市)。 早起きして、朝8時30分の到着。 しかし、広大な臨時駐車場には、既にかなりの数の車が駐車していました(駐車料500円、入園料300円)。 満開のヒ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浜離宮庭園のコスモス

休日の昼過ぎ。天気が良かったので、近所の浜離宮恩賜庭園へ散歩に出かけました(平成29年9月中旬、東京都中央区、国特別名勝・特別史跡、年末年始休、入園料300円)。 園内に入り、左前方へ進むと、「お花畑」があります。 キバナコスモスは終わりかけでしたが、コスモス(秋桜)がチラホラ咲き始めていました(※)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本間美術館の白ツツジ

GW明け、猫の手も借りたい日々をやり繰りして、東北出張へ(平成29年5月中旬)。 盛岡、秋田(Yさん、夕食に付き合ってくれて、ありがとう(*^_^*))を経て、最後に酒田に立ち寄り、顧問先様の副部長に昇進されたSさんの豪華アテンド付きで、本間美術館を再訪しました(山形県酒田市、冬期火水休、年末年始・展示替期間休、入館料900円)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る伊予 ⑥天赦園

伊達博物館の直ぐ南側に、天赦園(てんしゃえん)はあります(平成29年5月上旬、愛媛県宇和島市、入園料300円)。 (写真は、春雨亭の手水鉢) 天赦園は宇和島藩主(七代・伊達宗紀)の隠居所として、幕末(慶応2年、1866年)に竣工した庭園。 命名は、伊達政宗が晩年に詠んだ漢詩「馬上に少年過ぎ……残躯は天の赦す所……」に由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る伊予 ④臥龍山荘

大洲城から城下町を歩くこと約15分(平成29年5月上旬、愛媛県大洲市)。 臥龍山荘(がりゅうさんそう)に到着です(無休、大洲城との共通観覧料800円)。 此所は、明治期に地元の豪商が、桂離宮や修学院離宮などを参考として、10年の構想と4年の工期を費やし完成させた山荘庭園(公式パンフより)。 数寄屋建築の粋ともいえる臥龍院(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水元公園の花菖蒲

GW以降、伊予などで撮りためた写真のアップが追いついていないのですが……。 カラッと晴れた土曜日。 水元公園の花菖蒲が見頃を迎えましたので、先にアップします(平成29年6月上旬、東京都葛飾区)。 水元公園の花菖蒲は、約100種・14,000株。 都内最大の花菖蒲園です。 白い花菖蒲は特に涼しげ。背後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る伊予 ②二之丸史跡庭園と萬翠荘

(写真は、萬翠荘2階から眺めた正面階段踊り場のステンドグラス) 松山城大手門跡から黒門口登城道を徒歩で10分程下ると、二之丸史跡庭園があります(入園料200円、12月第3水休)。 此所は、文字どおり、松山城二之丸跡を平成4年に史跡庭園として整備したもの。 初夏の園内は、藤の花や、 燕子花(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古都の春'17 ④室生寺

三日目・最終日です(平成29年4月上旬、奈良県宇陀市)。 近鉄大阪線・室生口大野駅で下車し、しだれ桜の名所・大野寺へ歩きましたが……。 完全に蕾でした(´д`)。 門前に立つ桜祭りの幟も、哀しげに揺れています。 奈良交通バスに乗車して、室生寺へ。 三度目の訪問です(入山料600円)。 室生寺は「女人高野」(にょに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古都の春'17 ③海住山寺と当尾の里

二日目は、京都府木津川市(旧・加茂町)にある三つの古刹=海住山寺、岩船寺、浄瑠璃寺を訪ねます。 海住山寺は二度目、岩船寺と浄瑠璃寺は三度目の訪問です(平成29年4月上旬)。 JR大和路線の終点・加茂駅から、木津川市コミュニティバス(※)に乗車し、海住山寺口バス停で下車。 胸突き八丁の急坂を約15分登りきると、海住山寺に到着です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古都の春'17 ②日野の法界寺と奈良の依水園

醍醐寺から、バスと徒歩で日野の法界寺へ向かいます(平成29年4月上旬、不定休、拝観料500円)。 (写真は、左が平安時代の国宝・阿弥陀堂、右が室町時代の重文・薬師堂) 法界寺の一番の見所は、定朝様式の阿弥陀如来座像(国宝・平安)です。 平等院鳳凰堂の阿弥陀如来ほど有名ではありませんが、同時代の、それに匹敵する黄金の仏像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古都の春'17 ①醍醐の桜

桜を求め、2泊3日で京都・奈良の古刹を巡りました(平成29年4月上旬)。 ただ、今年の関西は寒い日が続き、桜(ソメイ)の開花が遅れに遅れている様子……。 期待半分・不安半分のまま、早朝の「のぞみ」に乗りました。 最初の目的地は、秀吉が花見を催したという桜の名所・醍醐寺です。 今回は、奈良方面に移動する予定でしたので、京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の陽光輝く伊豆 ③爪木崎の野水仙

二日目は水仙の花を求めて、R135を一路南下。 下田市の爪木崎を目指します(平成29年1月中旬、駐車料金500円)。 満開でした。 ただ、強風の日が続いたせいか、崖の斜面に自生する野水仙は、殆どが倒れてしまっていました(T_T)。 (野水仙としては、数少ない生き残り……) 爪木崎の海は、浅瀬がス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の陽光輝く伊豆 ②滝知山展望台と網代温泉「松風苑」

小田原からは、箱根新道→箱根峠→熱海峠→伊豆SL(スカイライン)と山上の道を走ります(平成29年1月中旬)。 路肩には、一週間前(1月上旬)に降った大雪の名残が……。 ただ、当日は晴れの日中ということもあり、雪や凍結の心配なく走行できました。 ※ 箱根峠やその周辺にはライブカメラが設置されていますので、ネットで降雪・積雪状況を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の陽光輝く伊豆 ①小田原城と清閑亭

両親を連れて、早春の伊豆半島を巡りました(平成29年1月中旬)。 両親は、小田原城に行ったことがないと言います。 そこは現存天守ではないんだけれど……という言葉を飲み込んで、まずは小田原城へ(天守閣入場料500円、年末年始休)。 (写真は、常磐木門) 天守閣の展示が刷新されていたことに驚きました。 「軍師官兵衛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more