石見銀山への道 ⑨櫻井家庭園と出雲文化伝承館

吉田の町並みから暫く山間の道を進むと、可部屋集成館(櫻井家住宅)に到着です(平成29年11月中旬、島根県奥出雲町)。

櫻井家も、たたら製鉄で栄えた家。
ここには、素晴らしい庭園が遺されています(月休、冬期=12月中旬~3月中旬休、入園料400円、可部屋集成館との共通券1000円)。

画像


この櫻井家庭園は、江戸後期の享和3年(1803年)、茶人大名で知られる松江藩主・松平治郷(不昧)公が御成になった際に作られました(公式パンフより)

画像


庭の中心となる滝は、不昧公によって、「岩浪(がんろう)と命名されています。

秋の紅葉の美しさは格別、と聞いていましたが……、そのとおりでした。


画像

(写真は、国重文の櫻井家住宅)


櫻井家住宅の周囲は渓谷となっており、そこも紅葉に染まっていました。

画像



駐車場にある「そば処 清聴庵」では、渓谷美を眺めながら、十割手打ち蕎麦を食すことができます(11月は無休、上記冬期休、その他は土日祝のみ営業)。
奥出雲産100%の蕎麦を、櫻井家の水車小屋で挽いて製粉しているとのこと。
橙は欲張って割子蕎麦と釜揚げ蕎麦の両方を頂きました。


さて、これから出雲空港へ向かおうと思いますが、まだ時間があります。
そこで、出雲文化伝承館に立ち寄りました(島根県出雲市、月休・年末年始休、無料)。

画像


こちらの庭園は、近隣の豪農・江角家の庭園を、そのまま移築したものだそうです。
大ぶりな飛び石や短冊石を配する、典型的な出雲流庭園(枯山水回遊式庭園)でした。

出雲大社のすぐ近く。
素晴らしい庭園で、何より無料ですので、出雲にお越しの際には是非お奨めしたいスポットです。

その後は、夕暮れの出雲空港で、お土産に彩雲堂の銘菓「若草」を購入。
今回の旅も終わりです。


〔終〕



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック