テーマ:温泉

津軽と下北 ⑤嶽温泉「山のホテル」

本日の宿は、岩木山の麓にある嶽温泉「山のホテル」です(令和3年6月下旬、青森県弘前市)。 早速、入浴を。 「山のホテル」の泉質は、酸性-含硫黄-カルシウム-塩化物泉。 泉温48.2℃、ph2.03、湧出量測定不能、微白濁の自噴泉です。 まずは、別館浴場「たたみの湯」へ。 浴槽はホタテ貝のよう。周囲には防菌・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間の構造線 ①小谷温泉「大湯元 山田旅館」

梅雨の晴れ間に、信越国境の秘湯を訪れました(令和3年6月上旬)。 小谷(おたり)温泉「大湯元 山田旅館」です(長野県小谷村、日本秘湯を守る会加盟)。 北陸新幹線・糸魚川駅で大糸線に乗り換え、糸魚川静岡構造線(フォッサマグナの西端)に沿う形で南下。 中土駅で下車し、そこからさらに小谷村営バスに30分程揺られて、ようや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二岐温泉「大丸あすなろ荘」

新白河駅前にはなかった雪は次第に増え、宿の送迎バスで峠一つ越える頃にはすっかり雪国に(令和4年2月中旬)。 ダム湖の羽鳥湖も、ほぼ結氷していました。 本日の宿は、二岐温泉「大丸あすなろ荘」(福島県天栄村)。 橙は3度目の訪問です。 今回は、顧問先様のKさんらと訪れました。 (宿入口の門を振り返ると、この雪景色) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の蓼科 ②蓼科温泉「たてしな薫風」

尖石縄文考古館からタクシーで約15分、本日の宿は蓼科温泉「たてしな薫風(かおるかぜ)」です(令和4年2月上旬、長野県茅野市)。 チェックイン手続は、変わった形の暖炉のあるロビーで。 制服を着た女性スタッフの方が膝をついてのお出迎え。 ドリンクサービス(シャンパンorリンゴジュース)もありました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北越で白鳥に出会う旅

上越新幹線に乗って、豪雪地帯の北越へ。 同行者は、ビジュアル系ベーシストのT君です(令和4年1月下旬)。 越後湯沢では吹雪でしたが、長岡で信越線に乗り換えた頃には小康状態となり、次第に晴れ間ものぞいてきましたヾ(^v^)k 羽生田駅で下車し、予約していたタクシーで約5分。 椿寿荘(ちんじゅそう)に到着です(新潟県田上町、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下部温泉「湯元ホテル」

本業で甲府に出張した帰り途、身延線に乗って温泉に一泊しました(令和3年11月中旬)。 本日の宿は、下部温泉「湯元ホテル」です(山梨県身延町)。 下部温泉は、信玄の隠し湯の一つ。。 外傷等に効能あらたかと云われる冷泉(泉質:アルカリ泉単純温泉、泉温29.1℃)です。 寒い時期に冷泉に浸かるのは厳しい………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹割の滝と尾瀬かまた宿温泉「梅田屋旅館」

沼田の中心市街地からR120を東へ約25分、吹割の滝に立ち寄ります(令和3年8月下旬、国名勝・天然)。 レンタカーを滝の駅「吹割」の駐車場(無料)に駐めて、遊歩道を下っていくと…… まず、鱒飛の滝が姿を現します。 そこから川沿いの遊歩道を上流に向かうと…… いよいよ吹割の滝です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷川岳、清津峡と法師温泉「長寿館」

約1年ぶりに両親と再会し、一泊二日の温泉旅行へ出かけました。 行き先は上越国境です(令和3年10月中旬)。 上越新幹線・上毛高原駅からレンタカーで、まずは谷川岳ロープウェイへ(群馬県みなかみ町、往復2100円・JAF割あり、駐車料金500円)。 快適なゴンドラに揺られて到着した天神平は標高約1300m。 既に紅葉が見頃で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治の宿 湯村温泉「旅館 明治」

顧問先様の医療従事者ワクチン接種が順調に進んでいるとのことで、本業で久しぶりの甲府出張。 そのまま宿泊ということに。 本日の宿は、湯村温泉「旅館 明治」です(令和3年5月中旬、甲府市)。 早速、入浴を。 泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。 泉温は、40.2℃。絶妙のぬる湯です(*^o^*) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る若狭へ ②虹岳島温泉「虹岳島荘」と三方五湖

本日(初日)の宿は、虹岳島(こがしま)温泉「虹岳島荘」です(令和3年4月下旬、福井県若狭町、日本秘湯を守る会加盟)。 三方五湖の一つ・水月湖のほとりにある宿です。 手指消毒と検温のチェックインを経て、早速入浴を。 泉質は、単純弱放射能冷鉱泉。 泉温15℃なので加温しており、給湯量も僅か10L/分なので給湯口源泉・循環ろ過併用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉街道【岡山編】⑤奥津温泉「池田屋河鹿園」

美作一の紅葉の名所・奥津溪は、とうに見頃を過ぎていました(令和2年11月中旬、岡山県鏡野町)。 それでも嬉しいことに、深紅の一木が! 本日の宿、奥津温泉「池田屋河鹿園」は至近です。 最近、経営者が変わられたとのこと。 古めかしい外観でしたが、内部は綺麗にリフォームされていました。 早速入浴です。 自家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松之山温泉「和泉屋」 豪雪地帯の「過ぎた」温泉

本業で新潟に出張した帰途、豪雪地帯の温泉宿に一泊しました(令和3年2月下旬)。 本日の宿は、松之山温泉「和泉屋」です(新潟県十日町市)。 松之山温泉は日本三大薬湯に数えられる塩分のとても強い温泉(泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉)。 源泉温度は約90℃! 約1200万年前の化石海水が噴き出している(ジオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆の踊子の宿 湯ヶ野温泉「福田家」

「不要不急」の外出自粛が呼びかけられて久しい昨今…… 本業での出張、伊豆半島、マイカー移動、そして休前日という条件が重なりましたので、久しぶりに温泉宿で心身を癒やすことにしました(令和3年1月下旬)。 本日の宿は、湯ヶ野温泉「福田家」です(静岡県河津町。日本秘湯を守る会加盟)。 文豪・川端康成が「伊豆の踊子」を執筆し、その舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船原温泉「山あいの宿 うえだ」

久しぶりに両親と再会し、久しぶりの温泉旅行へ出かけました(令和2年10月中旬)。  本日の宿は、船原温泉「山あいの宿 うえだ」です(日本秘湯を守る会加盟、静岡県伊豆市)。 途中、岸元首相の別邸である東山旧岸邸(静岡県御殿場市、入館料300円、火休・年末年始休)で庭園美と建築美を楽しみ、 修禅寺では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨塩鉱泉「嵯峨塩館」

緊急事態宣言と東京アラートの解除を受け、山梨県へ出張。 中距離ドライブも久しぶりでしたが、仕事を終えた帰り道、3か月ぶりの温泉を楽しむことにしました(令和2年6月中旬)。 本日の宿は、嵯峨塩(さがしお)鉱泉「嵯峨塩館」です(山梨県甲州市)。 (洗い場の前を源泉が流れる構造 手桶で源泉を掬って身体に掛けます 後方にはシャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別所温泉「玉屋旅館」

コロナ禍が始まっていましたが、やむにやまれぬ本業で信州上田へ出張(令和2年3月中旬、長野県上田市)。 北陸新幹線の車内も街も寂しい……(しかし地元の方は意外とマスクをしていない……)。 せっかく上田まで来たので、本業遂行後に名湯・別所温泉に一泊することにしました。 上田と別所温泉を結ぶ上田電鉄別所線は、昨秋(令和元年10月)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾風!秋の信州 ④白骨温泉「小梨の湯 笹屋」

本日の宿は、白骨温泉「小梨の湯 笹屋」です(令和元年10月中旬、長野県松本市、日本秘湯を守る会・源泉湯宿を守る会会員)。 台風の大雨の中を何とか辿り着きました……(´д`) 早速、貸切露天風呂へ(宿泊者無料、1組30分)。 秘湯好きなら誰もが憧れる、やや青みがかった乳白色の濁り湯です(*^▽^*) 当館の源泉は自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾風!秋の信州 ②赤倉温泉「赤倉観光ホテル」

本日の宿は、赤倉温泉「赤倉観光ホテル」。 昭和12年(1937年)創業の歴史ある高原リゾートホテルです(令和元年10月中旬、新潟県妙高市)。 宿に先着していたI先生とも合流。 早速、入浴へ。 浴場のある「SPA&SUITE棟」は平成21年(2009年)に新築された真新しい建物。 ですから浴場も最新の洗練されたもので眺望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりの上田 ②沓掛温泉「満山荘」

本日の宿は、沓掛(くつかけ)温泉「満山荘」です(令和元年9月上旬、長野県青木村、日本秘湯を守る会加盟)。 上田駅から青木BT行きの路線バスで約30分。終点からは宿に迎えに来ていただいて、間もなく到着です。 (宿の外観) (ロビーからの景色) 早速、入浴を。 まずは、平成29年(2017年)に新設された野天風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の雲見紀行 ②雲見温泉「かわいいお宿 雲見園」

本日の宿は、雲見温泉「かわいいお宿 雲見園」です(令和元年8月上旬、静岡県松崎町、日本秘湯を守る会加盟)。 最近リフォームをされたのか、館内(部屋、食事処、浴場等)はどこも新しさが感じられ、かつ清潔です。 千貫門でかいた汗を流すため、早速浴場へ(橙は内湯と露天風呂、Nさんは貸切露天風呂へ)。 内湯も露天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたたびの壱岐へ ③武雄温泉「殿様湯」「春慶屋」「楼門干支見学会」

有田から武雄温泉へ疾走する午後三時のレンタカー。 助手席のビジュアル系ベーシストT君は既に寝落ち状態です……(令和元年7月上旬)。 本日の宿は、武雄温泉楼門前の老舗旅館「ホテル春慶屋」です(佐賀県武雄市)。 (武雄温泉楼門 国重文 辰野金吾作) (「春慶屋」の外観) チェックインし、いつもなら宿の浴場へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南総早春賦 ②養老渓谷温泉「滝見苑」

本日の宿は、養老渓谷温泉「秘湯の宿 滝見苑」です(令和2年1月中旬、千葉県大多喜町)。 早速、大浴場へ。 (内湯の「化石風呂」) 泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉。 やや褐色がかった透明の湯です。 (露天風呂「長寿の湯」) 冷鉱泉なので加温している上、循環+塩素消毒しているので、正直期待してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師走の駿河 ②梅ヶ島温泉「湯の島館」

本日の宿は、梅ヶ島温泉「おもいでの宿 湯の島館」です(令和元年12月中旬、静岡市)。 (梅ヶ島の温泉街。手前の川は安倍川です。) 梅ヶ島温泉は、静岡市内とはいえ、市の中心部からは約46㎞、軽く1時間を要します。 そこに至る県道にはすれ違い困難な箇所もあり、安倍川の源流部で南アルプスも至近。つまりは秘湯です。 午後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の裏磐梯・猪苗代 ②中ノ沢温泉「御宿 万葉亭」

本日の宿は、中ノ沢温泉の「御宿 万葉亭」です(令和元年11月上旬、福島県猪苗代町、日本秘湯を守る会加盟)。 日本一の源泉湧出量=毎分13,400Lを誇り(沼尻元湯源泉、源泉温度53℃)、泉質は硫化水素含有酸性明礬緑泉の掛け流し、という屈指の名湯です。 案内された客室からの景色は、見事な紅葉のグラデーション。 もうこの段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時に上州の秘湯へ ②たんげ温泉「美鄕館」

本日の宿は、たんげ温泉「美鄕館」です(令和元年6月中旬、群馬県中之条町)。 四万温泉と沢渡温泉の中程に位置する一件宿(「日本秘湯を守る会」加盟)。 比較的新しい温泉で、建物は総檜造り。館内中に木の香る宿です。 早速、温泉を! まずは、貸切露天風呂の「宝泉の湯(岩風呂&桧風呂)」へ(無料。空いていれば入れます。)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風林火山の旗 裂石温泉「雲峰荘」

山梨県内での本業を終え、秘湯の宿で一泊しました。 本日の宿は、大菩薩峠の麓にある裂石(さけいし)温泉「雲峰荘」です(令和元年5月中旬、山梨県甲州市、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は「雲峰荘」の露天風呂) 宿に入る前に、すぐ近くの名刹・裂石山 雲峰寺へ立ち寄ります(境内自由、宝物殿300円、月休)。 何やら宿と名称が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪山讃歌の宿 鹿沢温泉「紅葉館」

「雪よ、岩よ、」の歌詞で始まる雪山讃歌。 その発祥の宿 鹿沢温泉「紅葉館」へ、10連休初日に宿泊しました(平成31年4月下旬、群馬県嬬恋村)。 (写真は、「紅葉館」の男性浴場。ススキと月桂樹を手にした童子のレリーフが印象的です。) 鹿沢温泉の最寄りICは、上信越道の小諸IC。  心配していた渋滞もなく、小諸の街でまず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ②石鏡温泉「いじか荘」

両親との志摩二泊旅行。 (二泊とも)お世話になった宿は、石鏡(いじか)温泉「いじか荘」。 文具大手・大○商会グループが運営する、全室オーシャンビュー、料理&温泉自慢の宿です(平成31年3月下旬、三重県鳥羽市)。 展望デッキからは、神島や伊良湖岬など伊勢湾の絶景が広がります。。 宿の名称にもなっている「石鏡(いじか)」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪深き目の温泉 貝掛温泉「貝掛温泉」

疲れと乾燥、それにまさかの花粉?とで体調の優れない日々…… それら全てが無い越後の名湯へ向かいました(平成31年2月上旬、新潟県湯沢町)。 上越新幹線で国境のトンネルを抜けると、そこは本当に雪国🌁⛄🌁 越後湯沢駅から雪の壁(約3m)のR17を路線バスで約20分。バス停に待機していた宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の白河 ①甲子温泉「旅館 大黒屋」

東北新幹線・新白河駅から宿の送迎バスで約30分。 甲子温泉「旅館 大黒屋」に宿泊しました(平成30年12月中旬、福島県西郷村)。 (写真は、大岩風呂。100%源泉掛け流し。基本混浴ですが、女性専用時間帯があります。) 「大黒屋」は、日光国立公園の中にある日本秘湯を守る会加盟の宿。 周囲は既に白銀の世界でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more