テーマ:温泉

風林火山の旗 裂石温泉「雲峰荘」

山梨県内での本業を終え、秘湯の宿で一泊しました。 本日の宿は、大菩薩峠の麓にある裂石(さけいし)温泉「雲峰荘」です(令和元年5月中旬、山梨県甲州市、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は「雲峰荘」の露天風呂) 宿に入る前に、すぐ近くの名刹・裂石山 雲峰寺へ立ち寄ります(境内自由、宝物殿300円、月休)。 何やら宿と名称が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪山讃歌の宿 鹿沢温泉「紅葉館」

「雪よ、岩よ、」の歌詞で始まる雪山讃歌。 その発祥の宿 鹿沢温泉「紅葉館」へ、10連休初日に宿泊しました(平成31年4月下旬、群馬県嬬恋村)。 (写真は、「紅葉館」の男性浴場。ススキと月桂樹を手にした童子のレリーフが印象的です。) 鹿沢温泉の最寄りICは、上信越道の小諸IC。  心配していた渋滞もなく、小諸の街でまず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九鬼の海 志摩 ②石鏡温泉「いじか荘」

両親との志摩二泊旅行。 (二泊とも)お世話になった宿は、石鏡(いじか)温泉「いじか荘」。 文具大手・大○商会グループが運営する、全室オーシャンビュー、料理&温泉自慢の宿です(平成31年3月下旬、三重県鳥羽市)。 展望デッキからは、神島や伊良湖岬など伊勢湾の絶景が広がります。。 宿の名称にもなっている「石鏡(いじか)」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪深き目の温泉 貝掛温泉「貝掛温泉」

疲れと乾燥、それにまさかの花粉?とで体調の優れない日々…… それら全てが無い越後の名湯へ向かいました(平成31年2月上旬、新潟県湯沢町)。 上越新幹線で国境のトンネルを抜けると、そこは本当に雪国🌁⛄🌁。 越後湯沢駅から雪の壁(約3メートル)のR17を路線バスで約20分。バス停で待機す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の白河 ①甲子温泉「旅館 大黒屋」

東北新幹線・新白河駅から宿の送迎バスで約30分。 甲子温泉「旅館 大黒屋」に宿泊しました(平成30年12月中旬、福島県西郷村)。 (写真は、大岩風呂。100%源泉掛け流し。基本混浴ですが、女性専用時間帯があります。) 「大黒屋」は、日光国立公園の中にある日本秘湯を守る会加盟の宿。 周囲は既に白銀の世界でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の鎌倉 塩田平の秋 ②田沢温泉「富士屋」「有乳湯」

本日の宿は、田沢温泉の「富士屋」です(平成30年11月中旬、長野県青木村)。 (写真は、石畳が続く田沢温泉の温泉街) 田沢温泉の泉質は、アルカリ性単純硫黄温泉。 源泉温度が約40℃とぬるめで(後述する、共同浴場(外湯)の「有乳湯(うちゆ)」)、婦人病や不妊症等に効能のある子宝の湯として知られています。 「富士屋」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯ヶ島温泉「白壁荘」

本日の宿は、湯ヶ島温泉「白壁荘」です(平成30年10月下旬、静岡県伊豆市)。 早速、当館自慢の「巨石風呂」(男女交替制)へ。 巨石から源泉掛け流しの湯が溢れています。 泉質は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。弱アルカリ性の優しい湯です。 巨石は天城火山の溶岩(安山岩)で、重さ約53トン(公式パンフより)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の蔵王連峰 ③青根温泉「湯元不忘閣」

本日の宿は、青根温泉「湯元不忘閣」です(平成30年10月中旬、宮城県川崎町、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は、無料貸切風呂「蔵湯」) (写真は、夜の「蔵湯」へ続く道) 伊達の御殿湯「湯元不忘閣」にお世話になるのも3回目(3年ぶり。よろしければ、拙ブログ「伊達の御殿湯 青根温泉『湯元不忘閣』もご参照下さい。ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月岡温泉「広瀬館 ひてんの音」

本業で新潟県下越地方へ出張。疲れを覚えたので、急遽、月岡温泉に1泊することにしました(平成30年9月上旬)。 豊栄駅17:55発の最終直通バスに何とか間に合い、月岡温泉旧湯バス停で下車。 本日お世話になる宿は、「広瀬館 ひてんの音(ね)」です。 (写真は、旧湯バス停前にある手湯&飲泉処。月岡温泉発祥の地です。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星と温泉と鉄鉱石の里 ②尻焼温泉「星ヶ岡山荘」

本日の宿は、尻焼温泉「星ヶ岡山荘」です(平成30年8月上旬、群馬県中之条町)。 川底から涌き出す熱い湯から付いた名前が尻焼温泉。現在でも水着で入浴できます。 「星ヶ岡山荘」さんは、そんな尻焼温泉の名旅館。昨年経営が変わられたそうです(旧「関晴館」)。 チェックインの際には、生ビールがw  運転してきた身として…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

瀬波温泉「椿の宿 吉田や」

村上でお世話になった宿は、瀬波温泉の「椿の宿 吉田や」さんです(平成30年7月中旬、新潟県村上市)。 瀬波温泉といえば海に沈む夕陽で有名ですが、「吉田や」さんは海には面していません。 その代わり、宿の裏山に瀬波温泉の元湯源泉(噴湯)があります。 泉質は、ナトリウム-塩化物温泉(アルカリ性低張性高温泉)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早川入り 奈良田温泉「白根館」

本業での山梨出張後に、秘境の温泉に一泊しました。 南アルプスの山々に囲まれた「早川入り」の奥へと車を走らせます(平成30年5月中旬、山梨県早川町)。 早川沿いの道を約30㎞遡り、西山温泉を通り過ぎると、本日の宿・奈良田温泉「白根館」に到着です(日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は、木造り露天風呂。男女交替制) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢から郡上八幡へ ⑤高山祭屋台会館と下呂温泉「湯之島館」

高山ICで高速(高山清見道路)を降り、飛騨高山の街に入りました(平成30年4月下旬、岐阜県高山市)。 碁盤目の細い道路を進むと、桜山八幡宮の境内にある高山祭屋台会館に到着です(入館料900円)。 高山祭屋台会館は、秋の高山祭に繰り出す屋台(国重文)を年中見学できる施設です。 それでは、飛騨の匠の技をご覧下さい(フラッシュを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢から郡上八幡へ ③深谷温泉「元湯石屋」

初日の宿は、金沢の奥座敷・深谷(ふかたに)温泉「元湯石屋」(平成30年4月下旬、金沢市)。 琥珀(こはく)色の温泉と能舞台のある宿です。 (写真は、「元湯石屋」の能舞台) 泉質は、植物の化石由来のモール泉=ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉、ph8.5、源泉温度12℃)。 本当に琥珀色でした。珈琲色と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壱岐の国紀行 ④勝本城跡・湯ノ本温泉・猿岩

壱岐北端の港町・勝本で昼食です(平成30年6月中旬、長崎県壱岐市)。 選んだお店は生ウニ丼で有名な「大幸」。 全面オレンジの生ウニ丼が2500円。これにサザエや旬の魚の刺身などが付く定食は3550円(※生ウニは夏期のみなのでご注意を。)。内容に照らせば破格の値段です。一行の皆様はどちらかを注文されましたが、橙は昨夜の「三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城下町人吉 ②人吉温泉「人吉旅館」

本日の宿は、人吉市街にある人吉温泉「人吉旅館」です(平成30年3月中旬、熊本県人吉市)。 (写真は、「人吉旅館」のロビーに掲げられたステンドグラス。人吉の観光や名産が描かれています。) 人吉旅館は二度目の宿泊。 人吉きっての老舗旅館で、建物は国登録有形文化財に指定されています。 趣のある廊下(下の写真)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の米沢・白布温泉 ②白布温泉「東屋」

本日の宿は、白布温泉「東屋」です(平成30年3月上旬、山形県米沢市、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は、一枚岩をくりぬいた石風呂。空いていれば無料で利用できる貸切風呂です。) 白布温泉は、(本業を含め、)3度目の訪問です。 「東屋」、「西屋」の順に泊まって、今回は再び「東屋」にお世話になりました( ^_^)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下諏訪温泉「ぎん月」

本業で甲信方面に出張のため、下諏訪温泉に前泊しました(平成30年2月下旬、長野県下諏訪町)。 お世話になった宿は、「ぎん月」さん。数年ぶりの再訪です。 (写真は「ぎん月」の貸切露天風呂・男性用。「綿の湯」の源泉掛け流しです。) 下諏訪は、諏訪大社下社(春宮と秋宮)の門前町であるとともに、中山道と甲州街道の合流点であった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

石見銀山への道 ⑦世界遺産 石見銀山

3日目。温泉津温泉から石見銀山へ向かいます(平成29年11月中旬、島根県大田市)。 石見銀山が2007年に世界遺産認定されてから10年。狭隘な道路に車が溢れるのを防ぐため、パーク&ライドを実施しています(世界遺産センターに駐車→路線バス利用)。 ただ、橙の訪問日は平日だったため、中心部の石見銀山公園に駐車することができました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石見銀山への道 ⑥温泉津温泉「輝雲荘」「薬師湯」

益田からR9と山陰道を東へ。本日の宿のある温泉津(ゆのつ)温泉へ到着です(平成29年11月中旬、島根県大田市)。 温泉津は、石見銀山から産出される銀の積み出し港として栄えた街。 温泉街には江戸期と殆ど変わらぬ古い町並みが残っており、ノスタルジックを感じます(国重要伝統的建造物群保存地区)。 (写真は、「薬師湯」の屋上から眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北信州の秋 ④上林温泉「仙壽閣」

2日目の宿は、志賀高原の入口・上林温泉の「上林ホテル仙壽閣」。 数年ぶりの訪問です(平成29年10月下旬、長野県山ノ内町)。 紅葉まっ盛りでした。 当館は、志賀高原を開発した長野電鉄直営のホテル。 中庭の紅葉も、素晴らしいの一言です。 夕食は、松茸土瓶蒸し、信州牛のステーキなど、地の名産が並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北信州の秋 ②紅葉の松川渓谷と七味温泉「渓山亭」

田中本家博物館を後に、紅葉の名所・松川渓谷へ向かいます(平成29年10月下旬、長野県高山村)。 山田温泉を過ぎると、本格的な山道に。山の粧いもオレンジや赤へと変わってゆきます。 道沿いの駐車場(5台程度、無料)へ車を駐め、徒歩で坂道を下っていくと…… 雷滝に到着です。 裏側からも眺めることができるので、裏見の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名栗温泉「大松閣」

本日の宿は、名栗温泉の一軒宿「大松閣(たいしょうかく)」です(平成29年9月下旬、埼玉県飯能市)。  一軒宿といっても、鉄筋の新館もある立派な構え。  橙が予約したのは木造の旧館(上の写真・向かって右側の建物)でしたが、水回りを中心に大幅にリフォームされており、快適な部屋でした。 早速、大浴場(男性用「牽牛」)へ向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八丈島 流人と絶景と温泉の島 ④末吉温泉「みはらしの湯」

3日目。最終日です(平成29年7月下旬、東京都八丈町)。 「満天望」の朝食に、まず驚きました。何とトビウオのフィッシュバーガー。 地産地消にこだわったそうで、サクサクで美味しい……。 最後まで素晴らしい宿でした。 チェックアウト後に、再び大坂トンネルをくぐって、末吉温泉「みはらしの湯」へ(火休、500円)。 2日目では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八丈島 流人と絶景と温泉の島 ③中之郷温泉「やすらぎの湯」

2日目の続きです(平成29年7月下旬、東京都八丈町)。 大坂トンネルを抜け、島の南部へ進みます(平成29年7月下旬、東京都八丈町)。 島の南部は、樫立・中之郷・末吉の3地域に分かれ、町営の温泉施設が集中しています(全て日帰り入浴施設です。)。 本日は、中之郷温泉の「やすらぎの湯」に立ち寄りました(木休、300円)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢渡温泉「まるほん旅館」

小諸から、浅間山麓を走り抜け、中之条の手前から再び山懐に入ると、本日の宿・沢渡(さわたり)温泉「まるほん旅館」に到着です(平成29年7月上旬、群馬県中之条町、日本秘湯を守る会加盟)。 (写真は、檜張りの大浴場。熱湯からぬる湯を望んだ図。混浴ですが女性専用時間帯もあります。) 泉質は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粉雪の夜 草津温泉「草津ホテル」

無性に強酸性の温泉に浸かりたくなり、どうせなら雪見も、ということで、草津温泉を訪れました(平成29年2月中旬、群馬県草津町)。 季節柄ドライブは危険なので、上野駅から特急「草津」号に乗車します。 終点・長野原草津口駅でJR急行バスに乗り換え、トータル3時間ほどで草津温泉BTに到着です。 麓は快晴だったのに、山上の温泉街には…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

早春の陽光輝く伊豆 ④伊豆長岡温泉「三養荘」

三養荘は、伊豆長岡温泉屈指の名旅館。 友人からの勧めもあり、以前から泊まってみたい宿でした(平成29年1月中旬)。 昭和7年に三菱財閥・岩崎久彌(弥太郎の長男)が築いた別邸を、昭和22年に旅館にしたもの。 昭和63年には新館も建築され、現在は西武プリンスHが経営しています(公式HPより)。 (写真は、庭園に面した本館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の陽光輝く伊豆 ②滝知山展望台と網代温泉「松風苑」

小田原からは、箱根新道→箱根峠→熱海峠→伊豆SL(スカイライン)と山上の道を走ります(平成29年1月中旬)。 路肩には、一週間前(1月上旬)に降った大雪の名残が……。 ただ、当日は晴れの日中ということもあり、雪や凍結の心配なく走行できました。 ※ 箱根峠やその周辺にはライブカメラが設置されていますので、ネットで降雪・積雪状況を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰粧う ⑤深田氏庭園、米子城跡と玉造温泉「湯元玉井館」

大山から県道24号の坂を一直線に下り、米子市内へ(平成28年11月上旬)。 まずは、深田氏庭園を訪ねます(鳥取県米子市、国名勝、庭園維持管理費250円、要予約)。 山陰最古(鎌倉時代)と云われる池泉鑑賞式庭園です。 鶴島、亀島、三尊石を備える古風な庭園で、京都南禅院庭園との類似性も指摘されていますが、とにかく美しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more